ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

血小板ちゃんの「通行止め」ワッフルなどコラボメニューで一休み!アニON×『はたらく細胞』カフェ ヘルパーT細胞の司令に応える参加企画も

体内の細胞たちを擬人化し話題となったアニメ『はたらく細胞』とアニON STATIONとの初のコラボカフェが開催決定。『細胞の休日カフェ ~細胞の皆さん、今日はお茶でも飲んでゆっくりしませんか?~』を東京・秋葉原にあるアニON STATION AKIHABARA本店にて6月7日(金)~7月7日(日)に展開。

人間の体内で休むことなく働き続ける細胞たちの憩いの場をコンセプトにアニメの1シーンをイメージした空間で、作中に登場したメニューをアレンジしたオリジナルフードや、キャラクターをモチーフにしたオリジナルドリンクが楽しめるほか、オリジナルグッズを販売。

また、作中で外敵侵入時に指示を出す司令官としてお馴染みの「ヘルパーT細胞」からの協力要請に、会場のお客さんが一体となって応える参加型プログラム『ヘルパーT 司令 NEWS!?』など、作品の中に入り込み、「細胞」の一人になったような気分で楽しめるコラボカフェとなっています。

ヘルパーT細胞の司令に応える参加型オリジナルプログラム

カフェタイム中に突然、外敵侵入の緊急連絡が! アニメでもお馴染みの司令官「ヘルパーT細胞」からの応援要請に、MCの進行にしたがって手元の札を使って協力する「ヘルパーT司令 NEWS!?」は、お客さま参加型のオリジナルプログラム。見事外敵である「抗原」特定すると、そのエピソードを特別編集した映像(全5種)が画面に流れます。

オリジナルフード&オリジナルドリンク(価格は税込み)

フード&ドリンクメニューの一部は、開催期間の前期と後期で入れ替わります。
【前期】6月7日(金)~6月23 日(日) 【後期】6月24日(月)~7月7日(日)
★オリジナルフード(通期:1種、前期:2種、後期:2種)
★オリジナルドリンク(前期:7種、後期:7種)

<通期フード>

「おまたせしました!栄養素のお届けです」弁当 1,000円

<前期フード 一例>

・血小板の血栓ワッフル 980円

<後期フード 一例>

・白血球(好中球)の仕事終わりチーズケーキ 1,050円

<ノベルティ>

・WBC特製ウェットティッシュ(全1種)
オリジナルフード1品ご注文ごとに、ノベルティとして「WBC(White blood cell(白血球))特製ウェットティッシュ」をプレゼントします。

<前期ドリンク 一例>

・赤血球のちょっとお休みイチゴオレ 700円

・憩いのお茶(緑茶と海苔せんべい2枚のセット) 600円

【プリント海苔せんべい】
前期は、4キャラクターの名セリフからランダムでお渡し。
◆ 赤血球
◆ 白血球(好中球)
◆ キラーT細胞
◆ ヘルパーT細胞

<後期ドリンク 一例>

・B細胞のじゅわわわわ~ドリンク 700円

・マクロファージのふわふわマシュマロミルクティー 700円

<ノベルティ>

・角丸缶バッジ(全11種) ※ランダム配付
オリジナルドリンク1杯ご注文ごとに、ノベルティとして角丸缶バッジ(全11種)をランダムで1個プレゼントします。

オリジナルグッズも!(一例)

細胞たちの名前をデザインしたキーホルダーやアクリルスタンドなど、オリジナルグッズを販売!

・アクリルスタンドコレクション(ランダム封入/全21種) 1個 700円

・はたらく細胞さんたちのお名前キーホルダー(全14種)各1,000円

・血小板ちゃん通行止め旗(全1種)1,800円

3回のご来店で入場料が1回無料! 特別メニューもプレゼント!

初めて来店した際にもらえるスタンプカードに、来店のたびにスタンプを押印。

スタンプを3つ集めると、次回来店時に入場料が1回無料になるほか、特別メニュー「お茶とお茶菓子セット」をプレゼント! 詳細はイベント特設サイトをご覧ください。

「細胞の休日カフェ ~細胞の皆さん、今日はお茶でも飲んでゆっくりしませんか?~」概要
開催期間 2019年6月7日(金)~7月7日(日)
営業時間 11:00~21:30(ラストオーダー 21:00)
入場料金 500円(1オーダー制)
ご利用について:フリー入場制 ※混雑時は90分制

開催店舗
アニON STATION AKIHABARA 本店
東京都千代田区外神田 3-1-16 ダイドーリミテッドビル 1F

イベント特設サイト
https://bandainamco-am.co.jp/cafe_and_bar/anionstation/special/saibou_cafe/

(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき