ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS Japan、キーボード一体型Androidタブレット「Eee Pad Slider SL101」の新色グレーを追加

ASUS Japanがキーボード一体型のAndroidタブレット「Eee Pad Slider SL101」の新色”グレー”を6月以降に発売すると発表しました。メーカー希望小売価格は42,800円(税込み)。SL101はNVIDIAのデュアルコアプロセッサ「Tegra 2」を搭載した10.1インチタブレット。ディスプレイ部分をスライド&チルトさせるノートPCとして使用できるという特徴を持ちます。本体の厚さは18.3mm、重さは960gと、市場のネットブックと比較すれば薄く、軽いですね。物理キーボードを搭載しているので、いつでもどこでもタブレット単体では厳しい長文入力(メールの返信や文書作成など)をノートPCレベルの快適性で行えると思います。SL101はAndroid 3.2.1(Honeycomb)で発売されますが、おそらくAndroid 4.0にもバージョンアップされます。スペックは、10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズのIPS液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2 1.0GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、32GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素CMOSカメラ、前面に120万画素CMOSカメラ、外部IFとしてマイクロUSB(USBホストサポート)、ミニHDMI、マイクロSDカードスロットを搭載。マイクやステレオスピーカー、3.5mmオーディオジャックも搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRのみ。連続動画再生時間は約8時間。本体のサイズは273mm(H)×180.3mm(W)×18.3mm(D)、重量は約960g。Source : ASUS Japan



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S IIIのroot化に早くも成功
Android版Firefox 14 Betaがアップデート、日本語にも対応
Sony Mobileの「Smart Wireless Headset Pro」が英国で発売中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。