ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水を入れて使用可能に!20年以上の保存寿命を保証する新発想乾電池「JAW Batteries」

乾電池は、基本的には使い捨てである。しかも、ただ保管しているだけでもその寿命は徐々に縮まっていく。

数年もしくは数十年保管できる乾電池があるとしたら、大規模災害発生時にも役立つはずだ。「JAW Batteries」は、実に20年以上の保管寿命を誇る乾電池としてクラウドファンディング「Kickstarter」に出展された。一見、非現実的な電池寿命であるが、その秘密は「水」に隠されているという。

・水を入れて活性化

JAW Batteriesに内蔵されている集電媒体は、何もしていない時は不活性化されている。つまりこれを活性化させれば、電池としての本来の役割を果たすというわけだ。

本体のダイヤルを緩めた状態で、コップの水の中に落とす。すると内部に水が充填されるわけだが、この状態でダイヤルを締めればJAW Batteriesは使用可能の状態になる。

用途は一般的な乾電池と変わらない。JAW BatteriesのラインナップはAA規格即ち単三電池のみだが、製品に適合さえすればあらゆる用途に使うことができる。

・突然のトラブルに対応

乾電池というものは、保管寿命も考慮される製品である。新品のはずなのにいざという時の稼働時間が短かった、ということも起こり得る。JAW Batteriesの開発者も、突然のトラブル発生時での利用を想定しているようだ。

JAW Batteriesは現在、Kickstarterで資金調達を行っている。価格は4本パック10ドル(約800円)から。配送は7月を予定している。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。