ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カップじゃない「じゃがりこ」、チャック付きスタンドパウチでカバンに入りやすい『じゃがりこ サラダbits/じゃがバターbits』!

 

ドライブや遠足など、ちょっとした遠出に持っていきたいお菓子の定番「じゃがりこ」。カップ型スナックブームの元祖として知られるが、今度の『じゃがりこ サラダbits/じゃがバターbits』は、従来の「じゃがりこ」と違ってショートサイズでパウチタイプのパッケージはチャック付き! ちょい食べ、ひとり食べにピッタリな薄型カバンにも入りやすい新形態の「じゃがりこ」だ。

 

時代が変わって、進化した! 食べやすさがとまらない、ショートサイズの「じゃがりこ」

スナック市場の活性化に向けて、ひとりでも気軽に楽しめる個食サイズのスナックのラインナップを強化しているカルビー。2018年には、「じゃがりこ」の姉妹商品「とうもりこ 塩ゆでコーン味」「えだまりこ うましお味」を発売し、個食スナックのカテゴリをどんどん確立させていっている。

 

 

それらに続けとばかりに登場した『じゃがりこ サラダbits』(38g・参考価格 税別248円・北海道・東日本エリアは2019年3月25日、中部以西は2019年4月8日発売)『じゃがりこ じゃがバターbits』(36g・参考価格 税別248円・北海道・東日本エリアは2019年3月25日、中部以西は2019年4月8日発売)も、ひとりでも食べやすいチャック付きのスタンドパウチ型。通常の「じゃがりこ」は円形のカップ容器で、フタをペリペリめくる形になっており、一度開けてしまうとこぼれやすかったり気軽に持ち運びにはちょっと難しいが、これなら保管も簡単ですぐしまうことも可能だ。

 

『じゃがりこ サラダbits』

流行りのサコッシュにもこれなら入る!?

 

パッケージはいつものサラダとロゴなどは全く同じで、左下に新キャラクターで商品の特徴と同じ“ショート”ヘアスタイルの「ひとくちショーコ」が。どこか知的な装いである。

 

 

いつもなら、うさぎのようにポリポリと前歯で何口かに分けて食べるところを、今回は一口でぱくり。長さは1本約4cmなので、従来の「じゃがりこ」と比べるとおよそ3cm短い。

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき