ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

鬼才ジム・ジャームッシュのゾンビ映画『The Dead Don‘t Die(原題)』日本公開 アダム・ドライバーら豪華キャストが集結[ホラー通信]

『The Dead Don‘t Die(原題)』日本公開

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』などで知られる鬼才ジム・ジャームッシュの最新作にして、まさかのゾンビ映画である『The Dead Don‘t Die(原題)』の日本公開が決定しました。

アメリカの田舎町センターヴィル。3人だけの警察署で働くロバートソン保安官とピーターソン保安官代理は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていたが、突如、街にゾンビが出現しはじめ、思わぬ事態に巻き込まれていく――というストーリー。

ロバートソン保安官を演じるのは『ゾンビランド』にも出演していたビル・マーレイ。ピーターソン保安官代理を演じるのはジャームッシュの前作『パターソン』にも主演したアダム・ドライバーです。

この他、リメイク版『サスペリア』の出演が記憶に新しいティルダ・スウィントンや、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローバー、イギー・ポップ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズという、注目の若手から大御所までそろった豪華キャストが実現。

しかし併せて解禁となった写真のビル・マーレイの、なんとも頼りなさそうな表情よ! アダム・ドライバーとどんなコンビネーションを見せてくれるのか期待したいところです。

日本公開は2020年春。まだまだ先の話ですが、まぁひとまず「よかった、日本公開するんだね」と胸をなでおろしましょ。

『The Dead Don‘t Die(原題)』
2020年春 TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき