ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

閉館後の美術館を学芸員と巡る。東京国立近代美術館ナイトミュージアム「福沢一郎展」


『煽動者』1931年 一般財団法人 福沢一郎記念美術財団

東京国立近代美術館にて「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」 が開催中。
西洋の近代美術や古い日本美術は一般的に注目度が高いが、その間にはさまれた日本の近代美術は少し地味な印象を持たれがちだ。しかし、日本の古い伝統と西洋の近代美術がぶつかり合い新しい文化が生まれていた時期でもあり、また明治維新から太平洋戦争など激動の時代でもあった日本の近代には面白い作品が非常に多い。若いころにパリで新しい芸術を学び日本に帰ってきてからは日本社会と向き合いながら作品を作り続けてきた福沢一郎(1898-1992)はその時代に多大な影響を与えたアーティストである。

福沢は製糸場で有名な群馬県は富岡の生まれで、彼の祖父は富岡製糸場へ資金を融資する銀行を作った名士だったため、実家は裕福であった。東大へ進学、芸術に興味を持ったために大学にほとんど出席することなく彫刻の勉強をしたものの、渡仏後に最先端の芸術を学ぶなか、絵画へ転身。1930年代の日本にシュルレアリスムを紹介して前衛美術運動のリーダーとして活躍、生涯を通じ社会批評を作品として表現し続けた。

本展は「謎めいたイメージ」の中に知的なユーモアを交え社会の矛盾や人々の愚かさを諷刺的に笑い飛ばした福沢の多彩な画業を約100点の作品で振り返るというもの。

本展示を対象に、閉館後の東京国立近代美術館を貸切り、学芸員の説明を聞きながらのプライベート鑑賞会が実施された(*Mastercard最上位のブランドとしてサービスを展開するラグジュアリーカードのGold Card, Black Card会員の特典)。

1 人間嫌いーパリ留学時代

10セクションに分けられた展示では、まずパリ時代の絵画作品からスタートする。初期の福沢の描く絵は古典から同時代の作品までを幅広い西洋美術研究の上で制作されており、すでに社会を見つめるユニークな視点があったが、タイトルの付け方にも特徴がある。『人間嫌い』のような、ストーリーを感じさせるような耳に残るタイトルが多い。
第一次世界大戦直後1920年代フランスで起こったシュルレアリスムは、今までとは違った動きを起こそうとした芸術家によって人間の無意識や夢の世界を探求する芸術運動。福沢は1924-31年までのパリ留学中にシュルレアリスムに出会い、影響を受ける。

2 シュルレアリスムと諷刺

『嘘発見器』というタイトルがつけられた作品は、このような嘘発見器があるわけがない、ということで噓発見器という存在自体が嘘だというユーモアから生まれている。『扇動者』という作品が描かれたのは1931年と今から90年近く前だが、現代に通じる要素が見てとれる。現代においても、トランプ大統領がSNSなどを使って人々を右往左往させている状況があるが、この絵はまさにそういった社会風刺のメッセージが込められている。
ここで福沢が描いた人物たちは、フランスで出版されていた科学実験の本の挿絵から引用されたものがあったが、この事実に彼が生前言及することはなく、死後研究者たちによって判明した。もともと教育目的の本に使われていた挿絵を一枚の絵にわざとでたらめに配置することで、画一的に上から押し付けるような教育制度への批判を忍ばせているという意図があったのではないかと言われている。シュルレアリスムとは、もとは別々のイメージを無理やりくっつけ合わせることで新しいものを生み出し、合理的には説明できない新しい表現の可能性を追求するものだった。福沢の場合、その流れを汲みつつも必ずそこへ社会風刺や批判精神を入れるといった作家性がある。
また、彼は絵画にとどまることなく執筆もこなし、フランスのシュルレアリスムを紹介する本を1930年代に出版するなど、新しい芸術のリーダーとして当時の若者から大きな支持を集める人物であった。

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき