小林武史、名和晃平らがキュレーターとして参加、『Reborn-Art Festival 2019』8月開催

access_time create folder生活・趣味
1904301

『Reborn-Art Festival 2019』が、宮城・牡鹿半島、綱地島、松島湾、石巻市街地で開催される。会期は、8月3日から9月29日までの58日間。

2017年に初開催され、豊かな自然を舞台に地元の人々と作りあげた、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しい総合芸術祭「Reborn-Art Festival」。東日本大震災で大きな被害を受けた地域の一つである石巻・牡⿅鹿地区に国内外の現代アーティストが訪れ、地域と触れ合いながらアート作品をつくったり、さまざまなスタイルの音楽イベントがあったり、日本各地から集まった有名シェフたちが地元の人・食材と出会い、ここでしか味わえない食を提供したりと、たくさんの「出会い」を生み出す場となる。

2回目となる2019年は、『いのちのてざわり』をテーマに開催。実行委員長を務める音楽プロデューサーの小林武史は、「暴走する経済をはじめとした現代社会の状況は、人が生きることの本質からどんどん遠ざかりつつあるように見える。 石巻でしか生まれ得ない「いのち」という我々の根源に深く触れることのできる作品を、そこで新たなをみつける未来 に向けたダイナミズムを、ぜひ体感していただきたい。」とコメントを寄せている。

さらに今回は新たな試みとしてマルチキュレーター制を採用。 各アートエリアを担当するキュレーターも発表されており、小林に加え、島袋道浩、名和晃平、豊嶋秀樹、有馬かおる、和多利恵津子、和多利浩一、中沢新一という面々がラインナップ。各エリアごとにそれぞれのキュレーターが選んだアーティストたちのアート作品が展示される。

1904302
©Reborn-Art Festival

1904304
©Reborn-Art Festival

Reborn-Art Festival 2019 (リボーンアート・フェスティバル ニーゼロイチキュウ)
日程:2019年8月3日(土)~9月29日(日)※網地島エリアは8月20日(火)より開催
会場:牡鹿半島、 網地島、 石巻市街地、 松島湾
(宮城県石巻市、 塩竈市、 東松島市、 松島町、 女川町)
主催:Reborn-Art Festival 実行委員会、 一般社団法人APバンク
共催:宮城県、 石巻市、 塩竈市、 東松島市、 松島町、 女川町、株式会社河北新報社、 東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社、ヤフー株式会社、平成30年度文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
お問い合わせ:Reborn-Art Festival運営事務局 E-mail:[email protected]
オフィシャルウェブサイト: http://www.reborn-art-fes.jp/

access_time create folder生活・趣味
local_offer

NeoL/ネオエル

都市で暮らす女性のためのカルチャーWebマガジン。最新ファッションや映画、音楽、 占いなど、創作を刺激する情報を発信。アーティスト連載も多数。

ウェブサイト: http://www.neol.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧