ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『Twitter』の「平成最後に自分の代表作を貼る」ハッシュタグ 大川ぶくぶ先生と蒼井翔太さんのツイートが話題に

5月1日、時代が変わって新元号「令和」がスタートした。
『Twitter』上では、元号の変わる前に
「平成最後に自分の代表作を貼る」
「# 平成最後に自分史上一番バズった絵を貼る 」
といったようなハッシュタグでさまざまなユーザーが代表作やバズった絵をアップしていたようである。

そんな中、4月30日に「ポプテピピック」などでおなじみの大川ぶくぶ先生が


「#平成最後に自分の代表作を貼る」のハッシュタグをつけてアニメ『ポプテピピック』に実写で登場した声優・蒼井翔太さんの画像をアップした。
反響を呼び、
「ベテランの俳優や声優でも演じるのが難しいと言われる蒼井翔太役を見事に演じきった蒼井翔太さん!」
「蒼井翔太の著作権を持つ唯一の日本人」
「蒼井翔太の版権を得たからって…」
「蒼井翔太(1次創作)」
といった返信が寄せられていた。

大川ぶくぶ先生の代表作となった蒼井さんの心境やいかにと思われたが、その蒼井さんは『Twitter』にて翌5月1日に上記ツイートを引用し

やーだwぶくぶ先生笑

ありがとう御座います。
この上ない光栄です。

とツイート。こちらも反響を呼んでいた次第である。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき