ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版Chromeにボトムタブバーが導入

Android 版「Google Chrome」の UI デザインがごく一部の Android スマートフォンで新しくなっている模様です。
変わったのは Chrome の伝統的なオムニバーのデザインで、Android スマートフォンで Chrome を開くと上部にはアドレスバーしか表示されず、下部に「ホーム」や「共有」、ページ内検索、「タブ」、「メニュー」といった頻繁に使用されている機能ボタンが表示されるようになっています。
こうした「ボトムタブバー」デザインは他の Android アプリでも広く使用されています。
Chrome はずっと従来のオムニバーデザインを維持していましたが、ここにきて利便性を考慮したデザインに切り替えたようです。
機能ボタンが下部に配置されると、スマートフォンを片手で持った時にボタンをタッチしやすく、アプリの使い勝手はだいぶ向上したと思います。
Google Chrome」(Google Play)

■関連記事
360カメラ・180カメラ両方で使えるVRカメラ「Insta360 Evo」が発売
「パ・リーグ.com」のアプリがChromecastに正式対応
映像編集をしていて痛感したXperiaの画質の良さ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。