ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ALSの症状の進行を正確に予測するAIをイスラエルの大学が開発

いまだ治療法が確立されていない神経性難病に、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と呼ばれる病気がある。運動ニューロンの異常により、自分の意思で筋肉を動かせなくなる病気だ。

現時点では症状の進行を止める方法は見つかっておらず、最終的に歩行のみならず、発声や呼吸を司る筋肉も委縮し、声を出したり、息をしたりすることさえ困難になる。

そんななか、イスラエルのネゲブ・ベン=グリオン大学がALSの症状の進行を予測するAIを開発した。

・症状の進行を正確に予測

注目のAIは、イスラエルのネゲブ・ベン=グリオン大学が同大学発のテクノロジー系スタートアップ、BGN Technologiesと共同で開発。

現在特許申請中のそのAIは人口統計学に基づく臨床データを使ってトレーニング済みの機械学習アルゴリズムを採用。バイタルサインなどを手がかりに、それぞれの患者の症状の進行を正確に予測する。

今回、人口統計学との相関に着目したことで、より高精度なAIの実装が見込まれている。

・ALS以外の神経疾患にも応用可能

ALSの発症時に現れる症状に始まり、症状の進行速度やパターン、生存率は患者によって異なる。これはALSに限った話ではなく、同じく運動ニューロンの変性によって引き起こされるパーキンソン病や、少子高齢化に伴い患者数が急増しているアルツハイマー病にも当てはまる。

当初はALSの治療用として開発を進めていた。しかし、同じく神経疾患に分類されるパーキンソン病やアルツハイマー病の治療にも応用可能であるとする見解を示している。

BGN Technologies

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき