電動キックスクーターのBird、今夏に欧州50都市で展開へ

access_time create folderデジタル・IT
米国西海岸を中心に社会に浸透しつつある電動キックスクーターは、手軽でリーズナブルな乗り物として人気を博している。

米国では多くのサービスが展開されているが、その中の大手の1社であるBirdはこのほど、今夏までに欧州と中東の50都市でサービスを展開すると発表した。

・新マーケット開拓

Birdは1年ほど前にパリやブリュッセル、テルアビブなどでサービスを開始し、このほどリスボンやマドリッド、ワルシャワなどにも広げた。

米国はすでに浸透し、また同業他社との競争も激しいことから、最近は欧州の“開拓”に力を入れてきた。そして夏までに新たに50都市で利用できるようにすることで、主要都市をほぼ網羅したい考えだ。

・最新スクーター投入

同社によると、新規展開する都市では同社の最新のスクーター「Bird Zero」を投入する。

Zeroは既存のものに比べてバッテリーの持ちが60%ほど長く、安全性も向上しているとのこと。またライトやGPSなどの機能もアップしているという。

日本では、電動キックスクーターでの公道走行は基本的に認められていないため、米国を中心とした電動キックスクーター人気が今ひとつ伝わってこない。

もし夏に欧州への旅行を計画しているなら、アプリをダウンロードして利用してみてもいいかも?

Bird

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧