ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HDMIもSDも挿入可能!Apple WatchをチャージできるUSBハブ&ワイヤレス充電パッド「Miizer」

コワーキングスペースで仕事をする場合、ひとり当たりのスペースは決して広くない。ノートPCにワイヤレス充電パッドに増設USBポートに、とやるとスペースがなくなってしまう。

この記事で紹介する「Miizer」は、増設USBポートとワイヤレス充電パッドを一体化した製品である。USB-Cとの親和性を考慮した設計で、これ1台あれば様々な規格のインポートにも対応できる。

・各種規格に対応

HDMI、USB-A、USB-C、SD、MicroSD、イーサネット、3.5mmジャック。これらの接続口を持つMiizerは、同時にApple Watchもチャージできるワイヤレス充電パッドを有している。

重量は140gで、持ち運びに困るような寸法ではない。ワイヤレス充電は10Wの急速チャージにも対応している。iPhoneとApple Watchを同時に充電できるというのは、この製品一番の強みと言える。

Miizerの有線接続はUSB-Cプラグ。MacBookはもちろん、最新のiPad ProやUSB-C採用スマホに接続できる点もMiizerの持ち味だ。たとえば、このUSB-CとHDMIケーブルを組み合わせれば、スマホの画面のテレビに投影させることもできる。

また、ワイヤレス充電に対応していないスマホを充電することも可能だ。その場合は磁気充電ヘッドをスマホに装着する必要がある。

・配送料は免除!

Miizerは現在、クラウドファンディング「Indiegogo」で出資を募っている。価格は69ドル(約7635円)から。ただしこの枠は数量限定のようで、出資の決断は早いほうがいいだろう。

日本への配送にも対応していて、手数料は免除されるようだ。配送時期は今年7月を予定している。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。