ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『バンブルビー』トラヴィス・ナイト監督に子供たちの“理想のトランスフォーマー”を見てもらった「想像力は宇宙より広い!」

――続いてのトランスフォーマーは車から変形して、ロケットが装備されています。

トラヴィス・ナイト監督:あっ、目が赤いね! バンブルビーも映画の中で、瞳が赤く染まる暴走モードを描いているんだけど、きっとこのトランスフォーマーも暴走中なのかな? 車のドアがちゃんとそのまま残っているのも素敵だね。

――こちらは、上のトランスフォーマーの絵と兄弟のお兄ちゃんが描いたものです。

トラヴィス・ナイト監督:トランスフォームする前の車と、した後のディティールが細かくて上手に描けているね。足がタイヤになっていて移動も早そうだし、マシンガンを腕にはめるのは相当強そうだ! 敵にまわしたくないね!(笑)

――最後のイラストはこちらです!

トラヴィス・ナイト監督:わあ、かわいい! 最初の自動販売機がトランスフォームするトランスフォーマーもそうだけど、「トランスフォーマー=四角い」という概念にとらわれずに丸い形を描いているのが面白い発想だね。パンケーキがトランスフォーマーになったというのがとても楽しいし、僕はシロップがたれている所が大好きだな。

今日たくさんの絵を見せてもらって、どのトランスフォーマーもすぐに映画に登場させられそうなほどカッコよくて強そうだから驚いたよ! でもこのパンケーキの子だけは、戦いに加わるのではなくて、僕たちの“癒し係”でいてほしいな(笑)。

トラヴィス・ナイト監督:子供の想像力というのは素晴らしくて、発想の広さは宇宙をも上回るほどなんですよね。そして僕たちアーティストはそんな子供の時の気持ちをずっと持ち続けている人種とも言えるよね。未だにトランスフォーマーの映画を作ることにワクワク出来て、ある意味ずっと大人になれないピーターパンなんだけど(笑)。

――監督の様な大人って本当に素敵だと思います! 今回絵を描いてくれた様な想像力たっぷりの子供達にはどんなメッセージを伝えたいですか?

トラヴィス・ナイト監督:とにかく新しいものに興味を持ち続けること。文化であったり体験でもなんでも。学べば学ぶほどもっと知りたくなると思う。それを繰り返していくことによって、「驚きに満ちた世界」を発見出来ると思うんだ。

――なるほど。いつまでも好奇心を持ち続けていくことが大切なのですね! ちなみに監督が最近好きになった作品は何かありますか?

トラヴィス・ナイト監督:『バンブルビー』の編集をずーっとしていたので、観たいリストがずっとたまり続けているんだけど……。『君の名は。』(2016)は本当に素晴らしかった! 最高に美しい作品だよね! ハリウッドが実写化するそうだけど……オリジナルがパーフェクトだから、余計なことはしないほうが良いって僕は思っちゃうな(笑)。

――個人的にはトラヴィス・ナイト監督の『your name.』観てみたいです(笑)。

トラヴィス・ナイト監督:本当に!?ありがとう!

――アニメ、実写、これからもずっとずっと監督の作品を楽しみにしています!

トラヴィス・ナイト監督:自分の好きなことをやりながら生活出来ているということは何よりも幸せで、「ライカ」という会社を15年前に作って作品作りを続けてきたんだけど、今回は『バンブルビー』という全然違う映画にチャレンジ出来て本当に面白い経験だったよ。今後はまたアニメーションが中心になると思うけど、実写ももちろん作りたいと思っているよ!

――今日はどうもありがとうございました!

『バンブルビー』大ヒット上映中!
https://bumblebeemovie.jp

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

前のページ 1 2
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき