ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビ局の社屋がまるまる超巨大お化け屋敷に! 福島テレビ×オバケンのコラボ企画[ホラー通信]

ゴールデンウィークに開催ですってよ。

趣向を凝らしたハイクオリティなホラーイベントで人気を博す『方南町お化け屋敷オバケン』と、福島テレビがコラボレーション。福島テレビ新社屋設立記念と地域おこしのために、取り壊し前の福島テレビ旧社屋をまるまるお化け屋敷に変貌させるそうです。攻めてる!

テレビ局が会場ですからイベント内容もそれにぴったりなものになっています。実際に使われていたスタジオやサブ室などが舞台になっており、参加者は心霊番組の制作アルバイトとして、“亡霊”“呪われてしまった制作スタッフ”から逃れながら、“勤務”をこなしてストーリーを進めていきます。

ルートは「監視カメラの女」「お蔵入りテープの謎」「旧社屋の噂」の三種類あり、一ルートにつき所用時間は約40分。各ルートには番組制作スタッフや霊媒師のキャストがおり、参加者はキャストと会話をしたり、旧社屋で撮れてしまった心霊映像や社員の証言映像を見て、設定やストーリーに更に没入することができます。そして、ストーリーが進むごとに心霊現象にまつわる真実が明らかとなっていき、すべてのルートで最狂のクライマックスが待ち受けているとのこと。こわい。

全ルートをクリアしたい猛者もいると思いますが、一ルートをクリアするごとに恐怖度と難易度が上がっていくそうですので気合い入れて頑張って! 全ルートクリアすると特製クリアバッジと豪華景品の応募抽選券が授与されます。

ストーリー内に登場する心霊番組のディレクターのTwitterアカウントも開設されており、早くもストーリーに没入することができますよ。社屋内の状況や撮れたての心霊映像、恐ろしい噂などを発信するそうなのでこちらもチェック。
Twitterアカウント:https://twitter.com/totsuoe_Dir

地域おこしを兼ねてますからね、開催期間はゴールデンウィーク中のたっぷり5日間ですよ。地元の人はもちろん、遠方から遊びに行って福島を観光して帰るのもいいですね。魚介もラーメンも美味しいですよ。

イベント概要

『突撃!福島テレビの心霊現象を追え!!~恐るべき三つの真実~』
公式HP:http://www.fukushima-tv.co.jp/ev-haunted/
FTVページ:http://www.fukushima-tv.co.jp/event/2004/06/post-223.html
■開催日   :2019年5月2日(木)~6日(月)の5日間
■開催場所  :福島テレビ旧社屋(福島県福島市御山町2-5)
■開催時間  :12:00~19:00(入場は18:30まで)
          
■参加料金
・前売り券
 大人1,980円(税込)、小人980円(税込)※中学生まで
・当日券
 大人2,200円(税込)、小人1,200円(税込)※中学生まで
・当日再入場券
 大人1,000円(税込)、小人500円(税込)※中学生まで

■前売り販売 :チケットぴあ・ローソンチケット・セブンチケット・ FTVチケットセンターにて、3月16日(土)より販売開始
・チケットぴあ(Pコード:642-133)
・ローソンチケット(Lコード:21396)
・セブンチケット
・FTVチケットセンター:  https://fukushima-tv.tstar.jp/ticket

■定員:各日660名 5日間計3,300名
■主催:福島テレビ
■企画:方南町お化け屋敷 オバケン

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。