ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メイン料理になる実力派!『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』で本格的なお店の味

 

たまには自分以外の料理の味を楽しみたい…そう思う人は多いだろう。例えばいつものハンバーグやオムレツが、お店のような味になったら、それだけで食事が楽しくなるはず。『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』は、かけるだけでお店のような味を実現することが出来る。その実力の程を検証!

 

日本で初めてウスターソースを販売した老舗

調味料の販売を手掛けるイカリソース株式会社(大阪府大阪市)は、日本で初めてウスターソースを販売した老舗ソース会社。なんと創業は明治29年! 創業以来、120年以上も食卓のそばに寄り添うソースやドレッシングを開発してきた。これは期待出来そう。

 

具材感が楽しめるソースで普段着をドレスアップ

『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』(販売価格290円(税別)・180mlは、すりおろしたたまねぎの食感と、トマト、2種類のビーフエキスのコク深い味わいで、冷めても美味しいデミグラスソース。

普段の食事にプラスするだけで、普段着がよそ行きになる、汎用性の高い食卓のアイテムだ。また、ソースに脂質が少なく、かける食材が覚めても美味しいので、お弁当にも使えるというのもポイントが高い!

ハンバーグやオムレツ、お弁当にも!

 

スパイス香る『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』

キャップを開けて嗅いでみると、スパイシーな香辛料のいい香り。皿に移してみると、もったりとしていて濃い。

濃いめの茶色

舐めてみると、やや酸味が強め。たまねぎの甘味とビーフの旨みが酸味をうまく逃がしている感じ。トマトの酸味や野菜が好きな記者には、好みの味。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy