ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

180度の3D撮影と360度撮影ができる「Insta 360 EVO」、予約受付開始

Insta360シリーズの最新カメラ「Insta 360 EVO」の予約受付が14日、始まった。折りたたみ式のこのカメラ、広げると180度3D撮影ができ、たたむと360度撮影ができるという、1台で2役こなすスグレモノだ。

発売は4月12日で、ソフトバンクセレクション・オンラインショップでの価格は5万6570円(税込)となっている。

・奥行きのある映像に

たたんだ状態だとInsta 360 EVOはキューブ状で、レンズが前後にくるので360度撮影となる。これだと、たとえばイベントなどを撮影するとき、その場に居合わせた人全員を撮影できる。

そしてInsta 360 EVOは開くとレンズが2つ横並びになる。これにより180度3Dで撮影がで、奥行きのある映像となる。

解像度は静止画の場合、6080×3040(約1800万画素)、動画の場合は5760×2880(30fps)、3840×1920(50fps、30fps)、3008×1504(100fps)となる。

・6軸ジャイロ内蔵

この手のカメラは動きのある撮影に使われることが多いが、Insta 360 EVOはしっかり6軸ジャイロスコープを内蔵し手ブレを補正する。

また、撮影モードはタイマー、インターバル、RAW、HDR、タイムラプスなどが用意されている。

撮影した映像は専用スマホアプリと付属の折りたたみ3Dメガネで楽しめるほか、ヘッドセット専用アプリを使えばOculusやサムスンGear VRなどでコンテンツをワイヤレス再生できる。

Insta 360 EVOは、ソフトバンクセレクション・オンラインショップのほか、Amazonや大手家電量販店などで販売される。

Insta 360 EVO

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy