ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

無添加の安心と爽快な口当たり!りんご果汁100%のスパークリングワイン『おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル』

 

ワインは重くて苦手だし、カクテルは甘ったるいし…と思っている人に朗報が。100%りんご果汁のみで造られたスパークリングワイン飲料『おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル』がちょうどいいかもしれない。しかも無添加で安心感も大きい。これを飲まない手はない!

 

女性に人気の「シードル」とは?

最近日本でも製造されている、女性やワインのエントリーユーザーからも人気が高い「シードル」。よく耳にするけれど、そもそもシードルとはなんぞや?と思う人も多いのではないだろうか。

 

シードルとは、フランス語でりんごのスパークリングワインのこと。語源はサイダーと同じで、それらはもともとアルコール飲料をさす言葉だったのだ。紆余曲折があって、日本のサイダーにはアルコールは入っていないものになっているけれど。

 

りんごがもともと持っている酵母とブドウ糖を使って、自然にアルコール発酵させるのが伝統的な製法で、甘口から辛口まであり、アルコールの度数も2〜8%と様々。ぶどうのワインよりも軽めで、フルーティーな飲みやすさから女性のファンが多い。

シードルは飲み口の軽さからも女性に人気

メルシャンは「ワインのおいしい未来をつくる。」をスローガンに、人気の「おいしい酸化防止剤無添加ワイン」シリーズを展開している。このシリーズは「酸化防止剤無添加ワインカテゴリー」で12年間No.1に輝き続けているロングセラー商品だ。日本国内ワイン市場の約4割がこうした無添加ワインだというから、いかに日本国民の健康意識が高いかわかるだろう。

 

メルシャン/キリンビールでは他に、ドライで甘くない「ハードシードル」と、甘くてフルーティーな「ストロングボウ」のシードルをすでに販売しているが(今後も継続販売)、無添加シードルは今回の『おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル』(500ml瓶・実勢価格 約592円・2019年3月5日発売)が初めてとなる。

 

 

雑味の無い酸味×微発泡が心地よい『おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル』を飲んでみた

「自然感」・「安心感」を表現した緑のボトルは、シャンパンのようないで立ちだが、細みで華奢。ホームパーティーのお供にもなりそうだ。

細みのシャンパンのような出で立ちに、メルシャンの「ワイン」への本気を感じる

ザラザラした紙の印刷がアンティークムード

よく冷えたボトルを開栓すると、微かにアルコールを含んだりんごの香りがした。香料を使用していない為、微かに香る程度で嫌味が無いのが好ましい。

グラスに注ぐと、底から薄い黄金色の気泡が弾けてシャンパンのようだ。口に含んでみると、無添加のりんご果汁100%を謳っているだけあって、雑味の無いフレッシュな酸味が広がる。りんごの甘味でアルコール独特のニオイを感じにくく、かなり飲みやすい。果汁本来の甘味なので、途中で喉の渇きも無く、するするっとひと瓶を飲み干してしまった。

色は薄めの琥珀色でシャンパンのようなイメージ

口当たりは爽やかで、甘味よりも酸味がやや強め。原材料には果汁と炭酸、リンゴ酸の記載があり、加糖されていない。これが酸味を感じる要因か。そのせいか、アルコール度数が5%と低めな割に、酒の味を感じる。のんべえな記者には、少々物足りなくも感じるけれど、シャンパンのような味と発泡で、飲み進めると満足感が得られた。

入手は全国の酒類取扱店やスーパーなどで可能だ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

本格コク系新ジャンルとしてコクと力強さにこだわった5年ぶり新製品『金麦〈ゴールド・ラガー〉』は、待望ののんべえ味だった!
『ザ・プレミアム・モルツ<黒>』国内黒ビール市場【最強】と呼び声の高い限定醸造が帰ってきた!
缶チューハイ「ストロング系」がアルコール12%時代に突入! 『サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ』全国発売へ
ビール危機真っ只中! 高アルコールで勝負を賭ける『キリン のどごし STRONG』、「のどごし」シリーズ飲み比べでその変化を検証!
怪しい名前の例のヤツがお酒になった!『お嬢様聖水サワー』、その正体を探るべく飲んでみた

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき