ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ふわっと持てる軽さは正義!530gから始められる軽量スリム『ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F』なら、今度こそきれい好きになれるかも

 

本体だけをストラップで引っ掛けておくと、大きめの折り畳み傘程度の見た目。えっ、これで掃除機!? と二度見してしまうスリムさ、さらに持っても軽い530g、スティック付けても750g(世界最軽量)という軽量スリムクリーナーが、『ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F』だ。使ってみたら、もう人生変わりそう!

 

小ぎれいな部屋を目指すためにふと気が付いた時にサッと掃除機をかける人間になりたい。でも重いと、無理!

世の中にはたくさんのハンディタイプの掃除機、気軽な掃除を実現するというスリムなスティックタイプのクリーナーもあふれているが、大げさなタイプが多く、軽量をうたっていてもそこそこ重い、手首が疲れるものが多いが、このパナソニック『ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F』(実勢価格 税込約23,611円・2019年3月15日発売)は次元が違う軽量さ・スリムさを実現したスリム軽量クリーナーの決定版だ。

本体感のないスリムな本体

とにかく箱から取り出した際のインパクトがすごい。本体だけなら折り畳み傘。ストラップもついているから余計にそう感じるのかも。紙パックを使用しないコードレス充電式で、付属品は極細すき間用ノズル。本体+極細すき間用ノズルなら500g台。延長管(スティック部)とたてよこノズルを付けても750gはほぼ奇跡。片手でどんなところも自在に掃除しても、手首を痛める心配がない。

延長管&たてよこノズルをフル装備しても、長ぼうき感覚の見た目。掃除機感は非常に薄い

コンパクトな回転式のたてよこノズルは大きなスペースを一気に掃除する用途には向かないが、ロボット掃除機を普段使っている人や、そのための掃除機を持っている人のサブ機としては十分だろう。ただ部屋が散らかっており、大型掃除機で一気に掃除するためには、あらゆるものをどけなくてはならなくて、気が重いし面倒臭いし、腰もあげたくなくなるタイプの人間にとっては、気が付いたタイミングでちょこちょこ掃除できるこっちをメインにしたくなるかもしれない。

取っ手無しなのは、必要ないから。そのまま本体が持てるんです

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。