ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SF映画に出てきそう! Bluetoothスピーカー「GravaStar」のデザインが斬新

スピーカーがワイヤレスなのはもう当然として、四角形や円柱形のデザインはつまらない、と感じている人もいるのでは。

そんな人に紹介したいのが、エイリアンのような、あるいは巨大なヤドカリのようなデザインをした「GravaStar」。部屋に置くと異彩を放つ存在になること間違いなしだ。

・サイケな光を放つ

開発元が「SFの映画やゲームをイメージしてデザインした」というだけあって、確かに、こんなもの今までなかった! というようなデザインだ。

球形のシェルで覆われているが、その中がサイケデリックな色に光る。そして、シェルからは3本の足が伸び、今にも這い回りそうな格好だ。ちなみにこの足は折りたたむこともできる。

・20Wのフルレンジ

デザインだけでなくこのスピーカーは音質も手を抜いていない。スピーカーの球形部分は直径14センチで、その中に大きさ7センチ、20Wのフルレンジスピーカーを搭載している。

内蔵するバスドライバーでパワフルなサウンドとなり、20KHzまでのクリアでスムースなサウンドを楽しめるとのこと。

接続はBluetooth 5.0で、20メートルの範囲でスマホなどと接続し、フル充電で30時間駆動する。ちなみに充電はUSB Type-Cで行うので急速充電となる。

変わったガジェットが大好きという人の心をくすぐりそうなこのスピーカーは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を展開中。今なら129ドル(約1万4000円)の出資で入手できる。

すでに調達目標額は達成し、あと1カ月ほど出資を受け付けたのち、5月にも発送が始まる見込みだ。

GravaStar/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy