ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ただ知りたかった 悪の限りを」 失踪した女性をめぐるサイコ・サスペンス『ザ・バニシング -消失-』予告編[ホラー通信]

30年越しの日本初公開が決定したサイコロジカル・スリラーの傑作映画『ザ・バニシング -消失-』より、予告編が解禁となった。

関連記事:キューブリックが「最も恐ろしい映画」と評する『ザ・バニシング -消失-』 30年越しの日本公開決定

恋人が失踪し、3年経った今も執念深くその行方を追う男。テレビにも出演し、彼女を奪った犯人へと呼びかける――「犯人よ 君に会いたい」。実生活では幸せな家庭を持つ大学教授の犯人は、その放送を用心深く見つめていた。ただ恋人の行方を知りたかった男、そして、悪の限りを知りたかった男。このふたりが対峙したときに訪れる、底なしの絶望的なクライマックスとは?

本作は、米サイトBuzzFeedが選ぶ「信じられないほど絶望的な結末を迎える映画 32 本」において『カッコーの巣の上で』(75)、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)などと並んで選出されている。

『ザ・バニシング -消失-』予告編 『ザ・バニシング -消失-』予告編

作品概要

『ザ・バニシング -消失-』
2019年4月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
提供:キングレコード   
配給:アンプラグド

◆監督:ジョルジュ・シュルイツァー『ダーク・ブラッド』『マイセン幻影』  
◆製作:ジョルジュ・シュルイツァー、アンヌ・ロルドン
◆原作:ティム・クラッベ  
◆脚本:ティム・クラッベ、ジョルジュ・シュルイツァー  ◆撮影:トニ・クーン  ◆音楽:ヘンニ・ヴリエンテン
◆出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー、ジーン・ベルヴォーツ、ヨハンナ・テア・ステーゲ、グウェン・エックハウス
1988年/オランダ=フランス合作/106分/カラー/ヨーロピアンビスタ/原題:SPOORLOOS

(C) 1988, Argos Film, Golden Egg, Ingrid Productions, MGS Film, Movie Visions. Studiocanal All rights reserved.  

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき