ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『銃夢』実写映画化『アリータ:バトル・エンジェル』にダニー・トレホが出演していないのはなぜ? 大きな“目”の変化から機甲術のコンセプトまでロバート・ロドリゲス監督が明かす

木城ゆきと原作の漫画『銃夢』初の実写映画化作品『アリータ:バトル・エンジェル』が2月22日(金)より公開される。同作は、現在から数百年先の未来を舞台に、サイボーグの少女・アリータ(ローサ・サラザール)が自身の存在のルーツを求めて戦う姿を描いたSF作品。アリータをスクラップの中から救い出し、肉体を与えるサイバー医師・イドをクリストフ・ヴァルツが演じるほか、ジェニファー・コネリーや、マハーシャラ・アリらアカデミー賞俳優が大挙して出演するなど、破格のスケールで映像化されている。

『アバター』シリーズのジェームズ・キャメロンが25年前から構想してきた“悲願の企画”である本作。メガホンをとったのはキャメロンではなく、『デスペラード』『シン・シティ』『マチェーテ』シリーズのロバート・ロドリゲス監督だ。キャメロンが最初に書き上げた600ページにもわたる脚本をまとめあげ、そのイメージをどう具現化したのか?原作屈指のエピソード“モーターボール”を映像化した理由や、製作発表時から話題となったアリータの大きな“目”の調整、さらにはダニー・トレホとの意外な?関係まで、インタビューで語ってくれた。

――原作者の木城ゆきと先生とは、何度かお会いになられたそうですね。どういったお話をされたのでしょうか?

木城先生は『アリータ』のセットを訪問してくださいましたが、実はその前にもお会いしています。私とプロデューサーのジョン・ランドーの二人で日本を訪ねて、脚本やアートワークをお見せして、色々とアプルーバル(許可)をとったりしたので。木城先生は、『アリータ』の撮影現場を訪ねたのが、アメリカ初訪問だったそうです。そのときの表情が、フランク・ミラーが初めて『シン・シティ』のセットを見たときのそれと同じだったのを覚えています。自分の描いた世界が現実のセットになり、ローサ・サラザールが演じるのをご覧になって、木城先生は「アリータ(ガリィ)だ!」とおっしゃっていました。先生がとても幸せそうだったのを見て、私もすごくハッピーでした。というのも、私のキャリアも漫画(※編註:テキサス大学時代に『Los Hooligans』というコミックを描いている)から始まっていますし、映画もなるべく原作に忠実に仕上げたいと思っているからです。

――木城先生は、「理解していない人が作ると、クズ鉄町はただ陰惨で暗く危険なイメージのディストピアになってしまう」「映画のアイアンシティはめっさ楽しそう! 自分も住みたい!」と絶賛されています。世界観を作るにあたって、大切にしたことは何ですか?

私はなるべく原作に忠実でいたい、と思っています。と同時に、ジム(ジェームズ・キャメロン)は作品がSFやファンタジーであればあるほど、リアリティが必要であると考えています。でないと、観客が信じないんだ、と。というわけで、デザイン的には原作に忠実でありながら、様式的な部分をなるべく取り除くようにして、出来るだけリアルに寄せるようにした、というわけです。木城先生に喜んでいただけたのは嬉しいですね。おそらく先生がイメージされていたのは、もっと地に足のついたクズ鉄町のイメージだったんでしょう。『アリータ』は、ストーリーも含めて普遍的な部分が多く、色んな文化に通じるところがあると思います。だから、私としては、リアルでありながら原作のデザインに忠実にすることで、アリータの存在も、ストーリーも信じてもらえるようにすることでした。

――『銃夢』アニメ版(OVA)のプロットやキャラクター設定をかなり参考にされていますね。どなたのアイデアなのでしょう?

『アリータ』は、『銃夢』のOVAと漫画、両方がベースになっています。ジェームズ・キャメロンが最初にギレルモ・デル・トロに見せてもらったのがアニメ版だったんです。彼はアニメ版を観てから、「これは原作を読んだほうがいい」と漫画を読んで、映画化の権利をとりました。ジムが最初に書いた脚本は、漫画版の1・2巻と3巻の一部、そしてアニメ版がもとになっているそうです。例えば、チレン(ジェニファー・コネリー)は漫画には登場しないキャラクターなので、アニメ版を参考にしていますよね。もちろん、すべて木城先生のアプルーバルを得て、脚本に取り入れています。

――モーターボールのシーンを取り入れてくださったことを、多くのファンが喜んでいます。

それはよかった!

――「モーターボールを入れよう」と言い出したのは誰ですか?また、一番大変だったのはなんですか?

あれはすごく大変でした。リアルに見せるのが一番大変でしたね。モーターボールを入れようというアイデアは、もともとはジムのものです。たいていの大作映画のアクションシーンでは、アクションそのものに目を奪われてしまって、実際になぜそんなことが行われているのか、目的が見えなくなってしまうことが多いんですが、それだけは避けたかった。アリータがなぜモーターボールをやって、そこで何が起きるのか、ということが失われないようなシーンにできたんじゃないかと思います。木城先生は、モーターボールを非常に美しく、明確な道筋を立てて描いていらっしゃいます。私たちはそれを活かしつつ、いかにリアルでエキサイティングなものを作るかに腐心しました。

――映画のモーターボールは、お話自体はオリジナルのものですね。

ジムの最初の脚本のベースになった1・2巻は、アリータとヒューゴ、あるいはアリータとイドの父娘の物語なので、モーターボールは登場しなかった。ジムは、「モーターボールがないと、ファンが失望するだろう」と後から加えたんですが、それは正解でしたね。ファンの方々に喜んでもらえてよかったです。私は、ジムが選んだモーターボールの描写がすごくいいな、と思っています。というのは、モーターボールというスポーツをすることではなく、アリータを殺すことが目的になっているからです。観客はゲームそのものではなく、アリータが生き延びるかどうかに心を奪われるようになる。スケールの大きなアクションを、ドラマ性を失わずに成立させるのが難しかったですね。ご覧になった方も、そこに惹かれたという方が多いです。木城先生も、ジムの脚本を読んでビックリしたそうです。というのは、アリータがモーターボールのトラックからアイアンシティの道に飛び出していくからです。漫画にはなかった描写なので、先生ご自身も喜んでくださったそうです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき