ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ポテチの手』の次はコレだ! 振るだけでテレビを操るリモコン『テレビの手』発売へ

タカラトミーアーツ『テレビの手』

えいっと振るだけでチャンネルを変えられる! タカラトミーアーツは、本体をタテヨコに振るだけでテレビを操作できる指型リモコン『テレビの手』を2012年5月31日より発売します。国内主要9社のデジタルチューナー内蔵テレビに対応。カラーはブルーとオレンジの2色、価格は各2100円(税込み)。

『テレビの手』は本体をタテヨコに振るだけでテレビを操作できる“魔法の手”もとい、リモコンです。2010年の発売以来、シリーズ累計20万個以上を出荷する大ヒット商品“ポテトチップス専用マジックハンド”『ポテチの手』につづく新たな“手”として登場しました。

タカラトミーアーツ『テレビの手』パッケージ

開発のきっかけは「テレビの電源を入れる、チャンネルを変えるという日常の行為に面白さとエンターテインメント性を!」そして「指先ひとつでテレビ操作するkとおで“魔法使いになる”という夢をかなえたい」思いからだそう。誰でも簡単に商品を楽しめるように、本体の仕様はボタンと切り替えスイッチのみというシンプルさで、「テレビ操作」に機能を絞り込むことで低価格を実現しました。

タカラトミーアーツ『テレビの手』使用イメージ

操作は、テレビ本体の赤外線受光部をめがけて行います。本体を上から下に振ると「電源のオン/オフ」、切り替えスイッチを「CH」にセットして左右に振るとチャンネルを1局ずつ、また「VOL」にセットして左右に振ると音量を変更可能。本体の動きに連動してサウンドが鳴るので「テレビに指示するように」動かすと、魔法使い気分が盛り上がります。

タカラトミーアーツ『テレビの手』FLS使用時

さらには「FNS(Finger Navigation System)」でテレビ操作、「FSS(Finger Skip System)」で指先についてグリップゴムで雑誌をめくる操作、「FLS(Finger Light System)」で指先のLEDで暗い場所を照らせるというおまけ機能もついています。

テレビ操作に『テレビの手』を使い、おやつのポテトチップスを『ポテチの手』で食べる――今年は、オリンピック開催もあり家族でテレビを見る機会も増えそうです。ふたつの“手”を使って遊びゴコロあるテレビライフはいかがでしょう? 本体サイズはH210×W55×D40mm、ボタン電池(LR-44×2)使用、連続使用時の電池寿命は約90分。

(C)2012 T-ARTS
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy