日本の爆笑英語Tシャツのさらに上をいく中国の爆笑英語Tシャツ

access_time create folderエンタメ

英語がわからないがゆえに、とんでもない内容の英語や英文がプリントされていても、着ている本人はわかっていないというTシャツは、“日本あるある”として外国人の笑いのネタになったりします。逆に外国人の漢字Tシャツやタトゥーは、日本人にとって笑いのネタになったりします。

それはBBQグリル 外国人の勘違い漢字タトゥーあるあるにアリアナ・グランデも参戦
https://getnews.jp/archives/2118432[リンク]

中国でも日本のような“爆笑英語Tシャツ”が出回っているのですが、そのレベルが日本の“爆笑英語Tシャツ”のさらに上をいくものとなっています。英語が母国語でないことに加え、コピー商品が当たり前のお国柄なので、日本よりはるかにカオスの度合いが強いのが特徴です。

ナイキのロゴをもじった「NICE TO MEET YOU」Tシャツ。

いろんなブランドを一括してディスってるTシャツ。

「ハロービッチ」と書かれたGジャンを娘に着せる親の顔が見たい。

これはスヌーピーの台詞ですね。ただし、「THE」から「E」が抜けて「TH」になっちゃっています。

飛行機で良く見る注意書き「Fasten seat belt while seated」をまんま拝借したようです。

なぜかミススペルが目につくところが、日本の爆笑英語Tシャツとは違う点でしょうか。著作権がらみの訴訟リスクを下げるためなのか、コピー商品として中国当局の摘発を逃れるためなのか、よくわかりませんが。

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/BsvutQunxBc/
https://www.instagram.com/p/BtB5Ze3ANWh/
https://www.instagram.com/p/BsiWhTfgw14/
https://www.instagram.com/p/Br5htOAAlyT/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧