ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豊洲と築地、新旧の名所をハシゴ!海鮮ひつまぶし&マグロ丼が最高♪

美味しいものと素敵な景色をたずねて三千里。西へ東へ走り回っている週末サイクリストのゆっこです。

今回は、サイクリングツアーで東京の街並みを走りつつ、活気あふれる築地魚河岸のグルメと、移転したばかりの豊洲市場で見学ツアーを満喫してきました。脚と舌で感じる、個性的で魅力的な東京の今をご紹介します。

【行程】
新旧の街並みを走るサイクリングツアー
まずは高層ビルを一望する新スポットへ!
景色は一転、下町情緒あふれる佃島を疾走
ウニたっぷり! 味が三変化する海鮮ひつまぶし
クリームシチューと半熟卵の最強モーニング
最先端のハイテク豊洲市場見学ツアー
マグロの赤身を際立たせる緑色のフロア!
今が旬! 極上天然の鮪づくし丼

新旧の街並みを走るサイクリングツアー

JR東京駅から山手線に揺られること約4分。新橋駅から徒歩8分のところにある「東京みらくるサイクリングツアー」では、レンタサイクルで東京の街を巡る、観光ガイド付きのサイクリングが体験できます。

今回は、豊洲・門前仲町・佃島・月島・銀座を巡る、全行程約18kmの東京半日サイクリングツアー(リバーサイド)に参加しました。

東京半日サイクリングツアー リバーサイド ツアーガイド歴13年の桑田さん。これから走るコースを説明してもらいました 東京半日サイクリングツアー リバーサイド

街乗りにピッタリのクロスバイクで走ります

サドルにまたがったら、さっそく出発! ガイドの桑田さんの後について、まずは豊洲を目指してコギコギ。

まずは高層ビルを一望する新スポットへ!

晴海運河に架かる豊洲大橋は、長さ550mと走り応え満点の橋です。ママチャリだとちょっときつい傾斜ですが、ギアチェンジができるクロスバイクなので、スイスイ気持ちよく進みます。

橋の真ん中からは、海と街並みのご褒美景色が望めます。
東京半日サイクリングツアー 晴海埠頭

東京オリンピック・パラリンピックに向けて選手村を建設中の晴海埠頭

豊洲市場を取り囲むように整備された「豊洲ぐるり公園」は、2018年にオープンしたばかりの公園。海沿いを走りながら、レインボーブリッジからお台場にかけての景色や都心の高層ビル群を楽しめる、絶好のロケーションです。
東京半日サイクリングツアー リバーサイド

サイクリングにぴったりの、海沿いの道。潮風が気持ちいい!

景色は一転、下町情緒あふれる佃島を疾走

隅田川にかかる中央大橋を渡ってしばらく走ると、ガラリと景色が変わり、下町情緒あふれる街並みに。

佃煮発祥の地としても有名な佃島は、江戸時代初期に大阪から移住した漁師たちが埋め立てた人工島で、築地市場のルーツでもある日本橋魚市場の始まりの場所でもあります。

東京半日サイクリングツアー 佃小橋 佃小橋の後ろには高層ビル群。新旧入り混じる景色は東京ならでは 東京半日サイクリングツアー 築地市場跡地

勝鬨橋からは築地市場跡地が望めます

大勢の観光客で賑わう築地市場を抜け、銀座を走り抜ければゴール!

東京の街並みを一望できる眺めの良い橋から、「え? こんなところを? 」と思うような生活感あふれる通りまで、都会のさまざまな表情を一気に見られたのが新鮮! このツアーは、外国人観光客の参加者も多く、都内にいながらインターナショナルな空気も味わえます。

開発が進む豊洲と、下町風情あふれる佃島・月島。新旧が交差する東京の魅力を、肌で感じられた3時間でした。

ウニたっぷり! 味が三変化する海鮮ひつまぶし

サイクリングでカロリー消費はバッチリ。ぐうぐう鳴るおなかを押さえつつ、築地魚河岸へ向かいます。実は、さっき築地を走っていた時からずっと、海鮮のことを考えてました!

築地魚河岸 築地虎杖 海鮮ひつまぶし
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy