ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月11日はなんの日?』“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの誕生日

『1月11日はなんの日?』“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの誕生日

 1月11日は“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの48回目の誕生日。

 1971年1月11日、ニューヨーク・ブロンクス生まれのブライジは、1990年代初頭にR&Bとヒップホップを融合したスタイルで瞬く間にシーンを代表する歌姫の座につき、現在もなお多くの女性シンガーの憧れとして唯一無二の存在感を誇っている。

 ブライジを一気にスターダムにのし上げたのは、デビュー・アルバム『ホワッツ・ザ・411?』からのセカンド・シングル「リアル・ラヴ」(1992年)。オーディオ・トゥーによるヒップホップ・クラシック「トップ・ビリン」をサンプリングした同曲は、全米ビルボード7位、R&Bチャート首位に輝いている。以降、R&Bチャートにおいて多数のNo.1シングルを輩出してきたブライジだが、総合チャートHOT100における全米No.1ナンバーは意外にも2000年代に入ってから。2001年、5作目のスタジオ・アルバム『ノー・モア・ドラマ』の1stシングル「ファミリー・アフェアー」。ドクター・ドレーのプロデュースによる同曲で自身初の全米ビルボードNo.1を獲得、そこから6週連続で首位の座を独走した。

 一方、アルバムにおいては1997年発表の3rdアルバム『シェア・マイ・ワールド』を皮切りに計4枚のアルバムでこれまでに全米No.1を獲得。2017年にリリースしたスタジオ・アルバム『ストレングス・オブ・ア・ウーマン』は惜しくも首位こそ逃したものの(全米3位)、同年には来日公演のほか大規模なワールドツアーをおこなったほか、Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』にも出演。助演女優賞と歌曲賞にWノミネートされたアカデミー賞をはじめ、多くの映画賞レースに名を連ね、女優としても高い評価を獲得している。

関連記事リンク(外部サイト)

メアリー・J.ブライジ、人気コミックの実写ドラマで殺し屋役に 原作はマイケミのジェラルド
メアリー・J.ブライジ、自身の誕生日にハリウッド殿堂入り 困難だった道のりをポッドキャストで告白
トラヴィス・スコット、地元の学生を支援する非営利団体に1,000万円を寄付

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy