ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の鯨肉食の歴史的変遷(クジラを食べたかったネコ)

今回はカメクジラネコさんのブログ『クジラを食べたかったネコ』からご寄稿いただきました。

日本の鯨肉食の歴史的変遷

日本の鯨肉食の歴史的変遷(クジラを食べたかったネコ)

先史時代

 日本では縄文時代の貝塚からクジラの骨が見つかったり、クジラ猟の模様が描かれた土器が出土しています。当時日本列島に住んでんでいた人々は、現代人は口にしないアザラシ・オットセイ・ジュゴンなど、さまざまな動物を利用していました。いずれにしても、先史時代における海獣類の利用は、中国から技術が伝来したとの説もある中世以降の古式捕鯨や、明治以降に西洋から導入された近代捕鯨とは文化的系譜を異にします。

アイヌの人々

 古くから北海道に住んでいたアイヌの人々は、江戸時代まで噴火湾などでクジラを捕獲していました。その方法は、トリカブトから採った毒を先端に塗った銛で、小舟でクジラに近寄って突くというものでした。アイヌの集落では、座礁したクジラのもたらす幸に感謝する鯨祭や歌もあったことが知られています。一方で、ニシンの群れを沿岸に追い立ててくれるクジラを、恵みをもたらす存在として、むやみな捕獲を避ける風習もありました。また、生産物は交易にも用いられていましたが、数が減っても利益を優先して積極的な捕鯨を続けるようなまねはしませんでした。同じ共存といっても、漁業との競合を理由にクジラやアザラシを害獣とみなす水産庁の口にする〝共存〟とは言葉の重みが段違いです。

 その後、和人が北海道に進出するに伴い、アイヌの人々はこれまでのようにクジラと共存することができなくなりました。松前藩は、アイヌによる捕鯨を一方的に管理して彼らを労働力として搾取し、鯨肉なども藩の産物として流通させ始めたのです。さらに、時代が明治に変わると、明治政府によってアイヌの捕鯨そのものが強権的に禁止されてしまいます

 今日、小型沿岸捕鯨を伝統的な生存捕鯨として認めさせるために、アイヌの捕鯨を引き合いにする向きもあるようですが、両者の間に文化的な結びつきはまったくありません。これらは業者が各地に持ち込んだノルウェー式の近代捕鯨で、むしろ大手とのつながりが深く、遠洋捕鯨の演習台として利用されていたのが実状です。母船式捕鯨が南極の海で華やかに繰り広げられていた頃、国も業界もアイヌの捕鯨再生になど目もくれませんでした。そればかりか、議員がアイヌの存在そのものを公然と否定する始末です。ほかでもない森下前IWC日本政府代表・現IWC議長も、米国紙に日本政府のサケ漁と捕鯨に対するダブルスタンダードについて問われ、「たまたま起こったことだ」と平然と答えたのです。日本は先進国の中でも最も先住民の伝統を尊重する姿勢が見られない国なのです。

詳細はこちら↓
「倭人にねじ伏せられたアイヌの豊かなクジラ文化」2014年11月08日『クジラ・クリッピング──捕鯨問題ブログ』
http://kkneko.sblo.jp/article/105361041.html

「捕鯨とアイヌのサケ漁──食文化にこだわる日本人よ、なぜこのダブスタを許すのか」2018年12月08日『クジラ・クリッピング──捕鯨問題ブログ』
http://kkneko.sblo.jp/article/185158688.html

古式時代

古式時代

 組織的な捕鯨の記録が史料の中に見出されるようになるのは室町時代の末期のことです。初期に捕鯨が行われた地域では、他にめぼしい産業がなかった一方、海賊や水軍が盛んだったといわれます。主産物は鯨油(灯火用及び水田のイナゴ防除用)の方で、鯨肉は獣肉に似ているとして忌避され、消費は地場が中心でした。

 やがて捕獲頭数の増加に伴い、各地方に組織された鯨組は商人・藩政と結びつき、関西を中心に販路を拡大します。中には、藩の後ろ盾をバックに漁場を占有し、零細漁民の生業を奪ったところもありました。当時から日本の捕鯨は商業的色彩がきわめて濃く、「製銅に次ぎ製鉄に匹敵する日本屈指のマニュファクチュア」とされるほどの一大産業と化していました。その発展の過程で、主な捕獲対象だったコククジラやセミクジラの減少を招き、捕鯨発祥の地である尾張や関東の三崎などでは、間もなく捕鯨業そのものが途絶してしまいました。有名な太地では、突取式から網取式への漁法の転換がなされましたが、これは乱獲による捕獲量の減少を補うための技術革新だったのです。捕獲効率が飛躍的に上がったことで、ザトウクジラも乱獲の悲劇に見舞われます。

 シーボルトの記録などをもとにした推定では、古式捕鯨最盛期の全国でのクジラの捕獲数は年間800頭程度に上ったとみられます。古式捕鯨時代にクジラが減ったのは外国の帆船式捕鯨のせいだとよく言われますが、その主要な対象はマッコウクジラですし、外国捕鯨船が日本に進出する前から減少は始まっていました。日本のクジラの多くを激減させた責任は、専ら日本自身の江戸時代の捕鯨にあるのです。

詳細はこちら↓
「哀しき虚飾の町・太地~〝影〟の部分も≪日本記憶遺産≫としてしっかり伝えよう!」2016年05月22日『クジラ・クリッピング──捕鯨問題ブログ』
http://kkneko.sblo.jp/article/175388681.html

戦前

戦前

 明治に入ると、山口県出身の事業家岡十郎がノルウェー式の捕鯨技術を導入し、近代捕鯨の幕が開かれます。独自技術に頼ってきた中世の和式捕鯨からの脱皮は、日本人とクジラとの文化的関わりにも深い断絶をもたらすことになりました。それまでは曲りなりにも寄り鯨を対象にした待ちのスタイルを維持していたため、クジラの個体群への影響も限られたものでしたが、積極的な攻めの姿勢に転じることで事態は様変わりします。捕鯨事業の収益の高さに目がつけられ各地で捕鯨会社が乱立、近海のクジラを乱獲し、瞬く間に資源状態が悪化し、結果として業者が淘汰・整理されることになりました。合併・統合の結果生まれたのが、その後母船式捕鯨の担い手となった大手水産企業の前身です。その後、これらの捕鯨会社は当時の政府の拡張政策のもと、欧米諸国が生産量調整のために結んでいた国際協定にも参加せず、北洋・南氷洋への進出を果たし、捕獲量も急激に膨れあがりました。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy