ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写映画版『名探偵ピカチュウ』の海外トレーラーが公開 ネットの声「モフモフのピカチュウかわいい」「声がおっさんw」

『ポケモン』シリーズ初となる実写版映画『Pokémon: Detective Pikachu(原題)』より、海外向けのトレーラーが公開されました。

Netflixのドラマシリーズ『ゲットダウン』や映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のジャスティス・スミスが、かつてポケモントレーナーを目指していたティーンエイジャーの主人公ティムを演じます。

映像の冒頭では、ティムと探偵帽をかぶったピカチュウとの出会いが。普通の人間の耳にはアニメでお馴染みの可愛らしい声で「ピカピカ~」としか聞こえないピカチュウの言葉が、なぜかティムには言語として理解できてしまうようです。しかもライアン・レイノルズの声で!

初めて意思が通じる人間との出会いに、ピカチュウは「言葉が理解できるの? ずっと孤独だったんだよ!」と表情豊かに喜びます。

「ポケモンは必要ない」と言うティムに対し、「名探偵だったら?」と提案するピカチュウ。どうやら、優秀な探偵だったティムの父親が消息不明となり、街ではポケモンが姿を消す事件が後を絶たないようです。ティムとピカチュウはコンビを組み、人間とポケモンが共存する世界で様々な出来事に巻き込まれていきます。

映像にはピカチュウのほか、フシギダネ、プリン(マイクを持ってる!)、ゲッコウガ、コダック、リザードン、バリヤードなど多数のポケモンの姿が。

ネット上では、

・モフモフのピカチュウかわいい
・ピカチュウの顔がくしゃくしゃになるの可愛い
・ピカチュウの声がおっさんw
・テッド3
・デッドプール3
・意外と期待できそう
・これはハリウッドで良かったパターン
・ちょっとキモイ

などと、様々な反響が寄せられています。

POKÉMON Detective Pikachu – Official Trailer #1(YouTube)
https://youtu.be/1roy4o4tqQM

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。