ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トンネルや地下でのドローン測量が簡単に行えるソフトウェア「Hovermap」

測量にはなかなかの手間と時間がかかる。しかし、これを劇的に簡単にしたのが上空からの測量だ。ドローンを使うことで、近年安価にできるようになり、しかも精度が向上している。

このドローン測量を地下でも利用できないか。そうした視点で開発されたのが「Hovermap」だ。

・形状などもリアルに把握

Hovermapは鉱坑やトンネルといったところでドローンを自律航行させ、自動でマッピングするという最先端のソフトウェアで、オーストラリアのスタートアップEmesentが手がけている。

LiDARや衝突回避センサーなどをフル活用してGPSが使えない地下でドローンを安全に飛ばせるだけでもすごい技術だが、このソフトウェアを搭載したドローンを飛ばすことで、鉱坑やトンネルのデータを収集し、自動でマップを作成する。

しかも3Dでとらえるので、中にどれくらの空間が広がっているのか、壁のデコボコといった形状までかなりリアルに把握できる。

・鉱業や建設業で重宝

Emesentは実際に昨年、西オーストラリアの地下600メートルでドローン測量テストを行ない、成功している。これは地下鉱坑で行われた初のドローン測量なのだという。

当然のことながら、地下の測量は難しく、しかも危険が伴う。それをドローンに任せられるとなれば、鉱業や建設業などの分野でかなり重宝されることになる。

ソフトウェアHovermapは間もなく発売される見込みとなっている。

Emesent

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy