ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】BTS (防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2』が422,376枚を売り上げ首位独走中 改名後初リリースのSUPERNOVAが続く

【先ヨミ】BTS (防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2』が422,376枚を売り上げ首位独走中 改名後初リリースのSUPERNOVAが続く

 今週のCDシングル売上レポートから2018年11月5日~11月7日の集計が明らかとなり、BTS (防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2』が422,376枚を売り上げて首位を独走している。

 BTSが日本でシングルをリリースするのは、2017年12月に発売された『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』以来、約11か月ぶり。表題曲の「FAKE LOVE」「Airplane pt.2」は、韓国で今年5月に発売された『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』に収録されていた楽曲のJapanese ver.で、初回限定盤Aには「Airplane pt.2 -Japanese ver.-」のMVが収録されている。

 『FAKE LOVE/Airplane pt.2』は、現在までに422,376枚を売り上げており、これは『MIC Drop/DNA/Crystal Snow』の初動3日間売上379,101枚を約4万枚上回る数字となっている。なお、2位以下に40万枚近くの差を付けての1位となっているので、週間チャートでの首位獲得もほぼ確実と言えるだろう。

 2位には、SUPERNOVA『Chapter ?』が30,678枚を売り上げ初登場。本作は、改名&グループ再始動後初の作品となる。続いて、コブクロの20周年記念シングル『風をみつめて』が3位に。表題曲は、ドラマ『ハラスメントゲーム』の主題歌に起用されている。

 また、4位にUVERworld『GOOD and EVIL/EDENへ』、5位にUNISON SQUARE GARDEN『Catch up, latency』がそれぞれ2万枚以上のセールスを記録しチャートイン。ロックバンドが並んで速報入りを果たした。

◎Billboard JAPAN シングルセールス集計速報
(集計期間:2018年11月5日~11月7日)
1位『FAKE LOVE/Airplane pt.2』BTS (防弾少年団) 422,376枚
2位『Chapter ?』SUPERNOVA 30,678枚
3位『風をみつめて』コブクロ 25,146枚
4位『GOOD and EVIL/EDENへ』UVERworld 22,118枚
5位『Catch up, latency』UNISON SQUARE GARDEN 20,205枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

BTS (防弾少年団)、韓国の授賞式でチャーリー・プースと共演
BTS (防弾少年団)、カラーコンタクトレンズのテレビCM出演へ
BTS (防弾少年団)、11/9放送『ミュージックステーション』に生出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。