ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

べジータ芸人のR藤本さん「勝手に動画を撮らないでほしい」 現代人のマナー意識に一石

「勝手に動画を撮らないでほしい」

「ロケや営業なんかに行くと、必ずと言っていいほど勝手に動画を撮られます。
はっきり言って、不快です。
我々を動物園の動物か何かと勘違いしているのでしょうか。」

“べジータ芸人”として知られるR藤本さんが自身のブログの記事で一般人による無断撮影に苦言を呈している。

筆者も日々経験するが、タレントやミュージシャンなど芸能活動をしている者は断りもなくカメラを向けられることが往々にしてある。

ガジェット通信では、先日にも和牛・水田信二さんがツアー中の動画撮影について問題視していたことをお知らせしたばかり。

和牛・水田信二「ツアーで動画撮っていいなんてひとことも言ってない」と激怒! 仔牛たちから震えつつ意見続出
https://getnews.jp/archives/2084307 [リンク]

今回、藤本さんの批判は動画撮影のみならず

「お笑いライブで過剰にメモを取ること」

「ニコ生でやったものをYouTubeにアップされること」

などファンのマナーや心得にも及び、さらには

「水族館での写真撮影なんかも禁止にしてほしい(シャッター待ちなど気を使うから)」

といった、公共の場所での記念撮影にまで疑問を投げかけている。

たしかにカメラ付き携帯電話が普及して以来、世の中にはカメラマンでもないのに他人の迷惑も考えず写真や動画を撮影しまくる人が激増している。

同時に、マナーや知識の欠如から動画サイトやSNSで他人の著作物を勝手にアップロードしてしまう行為も後を絶たない。

どちらの行為も「これくらいいいじゃないか」とか「宣伝してやってる」という妙な自己正当意識によって支えられており、気持ち悪さを感じることがあるが、藤本さんもそういった社会の意識に物申したくなったのではないだろうか。

自分の行為に対して人がどう感じるか考えられるセンスが重要だ。

「カメラを向けるな!」 (“R藤本”はお笑い芸人だっ!なめるなよ~っ!!)
https://blogs.yahoo.co.jp/r_fujimoto_blog/29410832.html [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy