筑前煮・黒蜜……本格和食がこれ1本で楽々完成! ミツカンの本気がつまった「八方だし」が便利すぎる

access_time create folderグルメ
img_2389

9月も後半に差し掛かり、すっかり秋めいてきました。夏は暑くって毎日簡単なご飯で済ませていた……という人も涼しくなってくると、料理にやる気が出てきませんか? 筆者も毎年そうです。しかも、ほこほこに煮えたあったかーい何かが食べたくなる。そんな時には超簡単に作れる「筑前煮」はいかがでしょうか。

ミツカンの味づくりをサポートする「味確認室プロジェクト」が企画した、「一流料理店で学ぶ、だしを極める1日料理修行」にて、簡単で美味しい和食作りのコツを学んで参りました。

img_2395

今回料理を教わったのは、東京・学芸大学にある「割烹すずき」の鈴木さん。30年の歴史を持つ本格和食店で、カウンターのみ7席ほどの店内には連日たくさんの人が訪れます。

ミツカンの本気! だしの香りや風味をとことん研究する「味確認室」

img_2355

「味確認室」とはその名のとおり、味を確認するスタッフが集結した部署のこと。「おいしさ」を共通言語として表現出来る様に、だし評価のための用語を約250語収集し、「だしフレーバーホイール」を制作。

img_2353

「だしフレーバーホイール」の一部である金属臭、くん液臭、ツナ臭、カラメル臭と書かれた小瓶には、それぞれの香りの成分が入っていて、だしの味の表現に使います。よく、ワインを選ぶ時に「枯葉」「黒胡椒」「キャラメル」「柑橘類」などと書かれた説明書きを参考にすることはありませんか? もしくはソムリエさんが「このワインは黒胡椒の様なスパイシーな香りがします」と薦めてくれることもありますよね。それの“だし版”ということになります。

img_2351

実際に、まぐろ節とかつお節を味見しながら、「これは金属臭がするな」「まぐろ節は当然ツナ臭!」といった感じで、だしの味の違いを感じていきました。皆さんが普段使うのはかつお節だと思うのですが、まぐろ節はかつお節より繊細な甘みがあるので、割烹料理にはよく使われるそうですよ。

ミツカンの「味確認室」ではスタッフが実際に一流料理店で修行をして、「おいしさ」に関する知識とノウハウを習得。それを商品作りに生かしているんですって!

これ一本で本格和食 本気でオススメしたい「八方だし」

img_2376

そんな「味確認室」の研究から誕生したブランド「PIN印」の第一弾商品として発売中の「八方だし」。これ一本あれば本格和食もお手の物なのです。

img_2384

美味しい筑前煮のレシピは以下のとおり。

【材料(4人分)】
・鶏もも肉……300g
・れんこん……90g
・夏ごぼう……30cm
・生しいたけ……6枚
・こんにゃく……1枚
・にんじん……150g
・たけのこ水煮……250g
・いんげん……10本
・ごま油……大さじ3
・水……3カップ
・ミツカン 八方だし……大さじ4
・ミツカン 八方だし(仕上げ)……小さじ2

【作り方】
1. 鶏もも肉を一口大に切り、塩(分量外)をふり、軽く揉んで10分置いたら水で洗い、水けを拭く。
2. こんにゃくは一口大にちぎり、熱湯で茹で、あく抜きをする。
3. いんげんは3cmに切り、さっと塩茹でする。
4. れんこん、にんじんは皮をむいて乱切りにする。ごぼうは土を洗い乱切りにする。たけのこは一口大に切る。しいたけは石づきを取り半分に切る。
5. 大きめの鍋にごま油を強火で熱し、温まったら中火にする。れんこんといんげん以外の具材を入れ炒める。
6. れんこんはごま油(分量外)で別で軽く炒めておく。
7. 5の具材の表面に熱が通ったら、八方だしと水を入れ弱火~中火にして落し蓋をし、30分煮る。
8. 煮上がったら、れんこんと八方だし(仕上げ用)を加えて強火で2~3分加熱し、火を止める。
9. いんげんは煮汁に絡め味をなじませる。

下ごしらえだけしておけばあとは軽く炒めて八方だしで煮るだけ。

img_2383

野菜の味と鶏肉の旨味が引き立ったまさに割烹のお味でした!

img_2401

さらに鈴木さんは、こんな面白い八方だしの使い方を伝授。「さつまいも羊羹の黒蜜がけ」の黒蜜に、八方だしが使われています。八方だし、水、黒砂糖をとろみがつくまで煮れば黒蜜の完成で、塩味を感じる美味しいスイーツに。さつまいもをただ蒸しただけの物や白玉、バニラアイスにかけても美味しそう! ぜひお試しあれ。

<さつまいもようかん>
・さつまいも……600g
・水……100ml
・粉寒天……10g
・砂糖……50g
・塩……小さじ1/2

<八方だしの黒みつ>
・ミツカン 八方だし……50ml
・水……600ml
・黒砂糖……200g
・きなこ……適量
・砂糖……少々
・塩……少々

【作り方】

1. さつまいもは皮をむいて、乱切りにし、10分ほど水にさらす。
2. ザルにあけ、水を切って、蒸気で15分蒸す。
3. 温かいうちにミキサーでペースト状にする。
4. 鍋に3と水、粉寒天、砂糖、塩を入れて、弱火で砂糖を溶かし、砂糖が溶けたら火を消す。
5. ボウルに入れて、ペースト状になめらかになるようによく練る。
6. 鍋に八方だし、水、黒砂糖を入れ、沸騰するまで強火で煮る。
7. 4に、砂糖と塩をいれ乾煎りしたきなこ、5をかける。鍋に八方だし、水、黒砂糖を入れ、沸騰するまで強火で煮る。

「八方だし」公式サイトには様々なレシピが紹介されているので、お料理の参考にしてみてくださいね!

八方だし|PIN印
http://www.mizkan.co.jp/pin/happoudashi/

access_time create folderグルメ

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧