ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

開店から6年『ロボットレストラン』が進化しすぎててヤバイ!! あまりにも異世界すぎる空間を体験してきた!

2012年に新宿・歌舞伎町に突如オープンした『ロボットレストラン』をご存知でしょうか。オープン当時は大きなロボットを積んだトラックが連日都内を走り回り、「♪ロボット ロボット レ~ス~ト~ラン~」と中毒性の高いテーマソングを大音量で流し続けていたため、多くの人が「どんな店なんだろう?」と興味を持っていたのではないかと思います。

開店から6年が経過し、いろいろ変化しているらしい……?

僕も当時は都内の会社で勤めていたため、連日のように音楽を聞かされていたので存在は知っていたのですが、一度も足を運んだことがないまま6年ほど経過しました。

先日ふと気になってロボットレストランについて調べてみると、どうやら6年の間にいろいろと変化を遂げているとのこと。総工費100億円と言われたロボットやレストランスペースも常にリニューアルされ続け、入場料金はオープン当時の倍額(8,000円)に。他にも年齢制限が解除されたり、来客のほとんどが外国人になったりしているのだとか……。

これは一度行ってみたいなと思って問い合わせてみると、かつてトラックに乗って都内を走り回っていたメインキャラクターの『ロボ子』がちょうどリニューアルされるタイミングだったということもあり、取材に伺えることになりました。

ちなみにこの写真の奥2体のロボットがロボ子です。人気ヘアメイクアーティストの冨沢ノボル氏がリニューアルに携わり、ロボットのヘアメイクに初挑戦されたとのこと。さすがロボットレストラン、スケールが大きいです。

ロボットレストランの店内へ! 装飾のすべてがド派手で凄すぎる……

9月某日。ついにロボットレストランの店内に入れる日がやって来ました。まずはチケットカウンターで受付をすることになるのですが、事前にWebか電話で予約をしておいたほうが間違いないようですね。この日は平日でしたがかなり混雑していました。

チケットカウンターには世界中の有名人が来店した記念写真やサインが壁一面に飾られています。

こちらは映画監督のティム・バートン氏。ノリノリでロボットに乗っていました。壁に飾られている写真を見ているだけでも世界中からたくさんの人がロボットレストランに心躍らせて遊びに来ている様子が伝わってきます。

写真鑑賞はほどほどにして受付の手続きを済ませ、開演までの時間をロボットレストランに併設されているバーで待機するため移動をしたのですが……

バーまでの通路がもうすでに異世界。壁一面がギラギラに光っています。どこで写真を撮っても映える感じですね。

そして建物の3階にあるバーに足を踏み入れると……

なんだこの空間は……!! 建物の中を限界までゴージャスにするとこんな感じになる、という答えがここにある感じです。

こちらのバーにはロボットレストランの入場券を持っている人しか入れないのですが、せっかくロボットレストランに来たのなら立ち寄りたいですね。こちらでも簡単なショーが行われるようですし、ビール1杯500円からと価格はド派手な内装に反して良心的です。

あと、開演前にバーに来た方は忘れずにトイレにも行っておきましょう。公演中にトイレに行きたくならないようにというのももちろんですが……

トイレもメチャクチャ派手なので見ておいたほうがいいです。

こんなトイレ初めて来ましたよほんと……。よく公衆トイレには「きれいに使っていただいてありがとうございます」なんて書かれてたりしますが、ここまで高級感が溢れているトイレだと間違いなく誰もがきれいに使いますね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy