北海道地震:ソフトバンクが公衆無線LAN「00000JAPAN」を無料提供開始 ※KDDI・ドコモ発表を追記

access_time create folderデジタル・IT
sbwifi

9月6日未明、北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。ソフトバンクは、大規模災害発生時に被災者の通信手段として提供することを目的とした公衆無線LAN『00000JAPAN(ファイブゼロ・ジャパン)』を、北海道全域で順次無料開放することを発表しています。

Wi-Fiに接続できるスマートフォンやタブレットを利用すれば、ソフトバンクユーザーに限らず誰でもソフトバンクWi-FiスポットでWi-Fi通信が可能になります。

ネットワーク名(SSID)「00000JAPAN」を選択して利用可能。ソフトバンクWi-Fiのサービスエリアは下記から確認できます。

ソフトバンクWi-Fiスポット | モバイル | ソフトバンク
https://www.softbank.jp/mobile/network/wifispot/#wi-fi-spot-search

9/7追記:
KDDIとワイヤ・アンド・ワイヤレスも9月7日11時から、北海道全域に設置されたau Wi-Fi SPOTの無料開放を停電が解消された地域から順次、実施することを発表しました。サービスエリアは下記から確認できます。

主なご利用スポット | au Wi-Fi SPOT: サービス・機能 | au
https://www.au.com/mobile/service/wifi/wifi-spot/usage/spot/[リンク]

9/8追記:
NTTドコモも9月7日11時から、北海道の全域のdocomo Wi-Fi設置エリアで復電に伴い順次無料開放を開始したことを発表しました。一部エリアを除くとのこと。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧