話題のアニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』石田祐康監督インタビュー「反芻して記憶に深く焼き付いて、思い出してもワクワクする体験を作りたい」

access_time create folder映画
img_7851

「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」などで知られる、森見登美彦先生の原作をアニメーション映画化した『ペンギン・ハイウェイ』が8月17日(金)より公開中です。本作の監督を務めたのは、『陽なたのアオシグレ』の石田祐康さん。本作は石田監督が所属し、アニメファンから大きな注目を集める「スタジオコロリド」の第1回長編作品です。

前回、ガジェット通信では原作・森見登美彦先生&石田祐康監督のインタビューをご紹介しましたが、今回は石田監督にさらに詳しいお話をお伺いします。

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%89%e2%91%a0

――初長編作品、お疲れ様でした! とても楽しく拝見しました。『ペンギン・ハイウェイ』の監督を務める事になった時、まずどんな事を考えましたか?

石田監督:まず、「確実に2時間映画として観てもらえる」、原作を読んだ人にも「ちゃんと原作を尊重している」と思ってもらえる作品を作らないといけないなと思いました。こう言うと普通に聞こえるかもしれませんが、これってすごく難しくて。オリジナルだと”かせ”がないから好きにやれるんですけど。ストーリーの部分は特に難しくて、勉強しながら、スタジオのみんなに「ここのつながりがおかしい」「2時間もたない」なんていう忌憚ない意見をもらいながら、こっちも面白がって取り入れるだけ取り入れて作り上げました。

――以前、原作の森見先生とのインタビューで、以前より森見先生の本のファンだったそうですが、森見先生原作のアニメは観ていましたか?

石田監督:もちろん、大好きでした。『四畳半神話大系』は湯浅政明監督、『有頂天家族』の吉原正行監督、お2人とも素晴らしい方で、同じく森見先生の原作をアニメ化することはすごくプレッシャーでした。湯浅監督はとにかく天才的な発想、小気味よいアニメーションに魅せられますし、吉原監督はキャラクターと空間、演出をとても丁寧に描いていて気持ちいいし、プレッシャーですよねえ…(笑)

――本作の脚本を担当している上田誠さん(劇団「ヨーロッパ企画」)は、『四畳半神話大系』や『夜は短し歩けよ乙女』のアニメでも脚本を書かれていて、上田さんに助けられた部分もありますか?

石田:はい。上田さんにはすごく助けられました。森見さんと上田さんは親交があって、これまでの実績もあって、森見さんは上田さんに大きな信頼を置いています。上田さんは “森見さん節”を本人に代わって書くことが出来るんです。ご本人はとても物腰が柔らかく、色々な事を察してくださって、本当に助かりました。

――先ほどは尊敬する2人の監督と並ぶことになり恐縮だとおっしゃっていましたが、『ペンギン・ハイウェイ』では見事に石田監督らしさが出ていたと思います。特にペンギンの表現が素晴らしくて!

石田:ペンギンは水族館に見に行ったりしたのですが、ペンギンってそのままでもすごく可愛らしくて、それで歩き方もヒョコヒョコしていて可愛いんですよね。ポスターにも描かれている僕たちが”ペンギンパレード”と呼んでいる場面は、自分も大層ワクワクしていましたし、映画を観た皆さんにも同じようにワクワクしてほしいと。こういったシーンは、自分が子供の時に映画館で観た作品の体験や記憶が結局はベースになっていて、映画館から出た後に、反芻して記憶に深く焼き付いて、思い出してもワクワクする。そういう体験を今度はお客さんに持ち帰って欲しいなと思いました。

――監督は現在30歳ですが、子供の頃夏に観ていたアニメ映画といったら、何か覚えていますか?

石田:なんでしょう、ジブリ作品は観ていたと思いますし、ドラえもんや、映画ではないですがトムとジェリーなんかもよく観ていたと思います。アニメではないですが、海外のエンタメ洋画もよく観ていたような。それこそ映画館だけでなく金曜ロードショーとか。

――監督と同世代の方は「ああー!わかる!」と共感する方は多いと思います。監督が感じるアニメ映画の魅力とはどんな所にあると思いますか?

石田:人それぞれにアニメに求めている楽しみどころは違うと思うのですが、キャラクターが可愛いとか、ストーリーが感動できるだとか。 僕が1番感じた感動というのは、キャラクターやストーリーといったひとつだけの要素ではないんです。絵、動き、ストーリー、音楽、全てを通したひとつの”体験”みたいなものに感動していて。「ああ、今すごいものを観てる!」と体が震える感覚というか。今は作り手をしていますが、僕が体験したそんな気持ちをどう届けられるか、そんな事を考えて作品を作っています。

――『ペンギン・ハイウェイ』が無事公開となって、監督の次回作も楽しみです。いつかテレビアニメを作りたいという思いもありますか?

石田:テレビシリーズは考えていなかったですね。ですが最近でいうと『ひるねとまそたん』はいいなと思いました。どこか抜けたキャラクター、なのに空自、戦闘機。面白い組み合わせの作品ですよね。いいなあと。いろいろあれど自分の根っこに「純粋にアニメ好き」があって、その延長線上で『ペンギン・ハイウェイ』を作りきれたのもあるので、これからもそういうシンプルな気持ちは忘れずに作品に取り組んでいきたいです。

――これからも楽しみにしております! 楽しいお話をありがとうございました。

【関連記事】『ペンギン・ハイウェイ』原作者・森見登美彦&石田祐康監督インタビュー「夏休みの終わりにこんな映画を見たら一生忘れないと思います」
https://getnews.jp/archives/2071465

(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧