ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「さくらももこさんはマイナーな趣味を“分かる人には分かる”地点に落とし込んでいた」主要キャラクターの由来は『ガロ』に「今気付きました!」の声

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-08-28-21-49-13

8月27日に発表され、日本中が大きな悲しみに包まれた、漫画家・さくらももこ先生の訃報。関係者からファンまで、追悼のコメントが更新され続けている。

【関連記事】ニッポン放送が『さくらももこのオールナイトニッポン』アーカイブ音声を一部放送「当時の番組を再放送してほしい」の声も
https://getnews.jp/archives/2072955 [リンク]

そんな中、編集者・ライターの竹熊健太郎さんのツイートが話題に。

竹熊さんは、

さくらももこさんって実は凄くマイナーな趣味があるが、作品ではそうした趣味をオブラートに包んで「分かる人には分かる、分からなくても問題ない」地点に落とし込んでいた。花輪くんとか丸尾くん、みぎわさんとかガロ系の作家の名前だものね。「りぼん」読者にはまず分からないだろう。

とツイート。竹熊さんが“ガロ系”と称している『ガロ』とは、1964年から2002年頃まで刊行していた漫画雑誌。内田春菊、つげ義春、ねこぢる、山田花子(敬称略)など、大人向けの独創的な作品が掲載されている雑誌として人気を博した。一方で、白土三平の『カムイ伝』や水木しげる作品など、漫画界のレジェンド達の作品も世に送り出してきた。

さくらももこ先生の代表作『ちびまる子ちゃん』の登場人物の一部は、この『ガロ』掲載作家陣の名前が由来であるとされていて、

丸尾くん→丸尾末広
花輪くん→花輪和一
えびすくん→蛭子能収
みぎわさん→みぎわパン

と、主要なキャラクターが『ガロ』に影響されている事が分かるのだ。この竹熊さんのつぶやきに対し、フォロワーは「あるある。だから好きだった」「読者だったけど気付かなかった!」「なるほど、今気付きました」とコメント。多くのリツイート、いいね!を得ている。

さくらももこ先生は音楽好きとしても知られていて、『ちびまる子ちゃん』と並ぶ代表作『コジコジ』のアニメ音楽では、

「コジコジ銀座」
作詞:さくらももこ / 作曲・編曲・歌:ホフディラン

「ポケット・カウボーイ」
作詞:ピエール瀧 作曲・編曲:石野卓球 / 歌:電気グルーヴ

「死ぬほど恋して 〜Johnny,Johnny〜」
作詞:さくらももこ / 作曲・編曲・歌:カジヒデキ

と、子供が楽しめるファンシーさを残しながらも、音楽ファンが楽しめる逸脱なバランスをとっていた。

国民的アニメとして老若男女に愛されながら、自分の好きな物のエッセンスを見事に取り入れていた、さくらももこ先生。その才能をもう見る事が出来ないのが寂しくて仕方がない。

※画像はTwitterより引用。

プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy