ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「無料」を10円にして人が集まった理由は!? 「無償には抵抗ある」「自己肯定感が揺らぐ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネットで画像や動画、マンガなどが無料で見れるようになって久しくなっており、「お金を払う」という行為を子どもにどう教えるのか、課題となっているのではないでしょうか。

徳島市で『ナガヤ図書館 おとなり3』を手がけている森哲平氏(@moriteppei)が、子ども向けのイベントで無料のところを10円にした効果をツイート。さまざまな反応が集まっていました。

子ども食堂、「無料」と言ってたのを「10円」としただけで、人がめちゃくちゃくるようになった。みんな真面目に「10円」払おうとする。それほど無料って「気持ち悪い」んだよね。10円でこんなことできるわけがない。それでも「払う」ことにとても意味がある。

「子どもは自分で払うのが楽しいという側面があるみたい」と続ける森氏の報告には、「無償には抵抗ある人が多い」「長く続けるなら有償がよい」という声が集まり、似たような事例が多数寄せられていました。

俺地元のボランティア団体に所属してるんですけど、そこが最近有償のボランティア始めたんです。有償のボランティアとはこれいかにって感じなんですけど
指導者の人曰く「有償の方が依頼しやすい」のだとか。

そん時はよく分かんなかったんですけど、こういうことなのかもしれませんね

スーパー玉出でサンプル商品を無料配布してたら客が「施し受けるほど落ちぶれてへんわ!」と激怒して、そこで生まれたのがあの1円セール。
という有名なお話。

無料だと「自尊心が傷つく」「自己肯定感が揺らぐ」と施しを受けることへ抵抗があるという指摘もあり、中には「スーパーや居酒屋で無料券をもらうのも嫌」といった声も見られました。少額でも対価を払うという意識を、子どものうちから養うことの大切さがこのエピソードにはあるのではないでしょうか。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき