ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

つけ麺の元祖“東池袋大勝軒” 麺の量が多い理由とは?

▲特製もりそば(並)

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。

東池袋大勝軒
「ラーメンの神様」とも呼ばれる山岸一雄さんが1961年に開業したお店で、つけ麺の元祖(特製もりそば)として知られる名店だ。2007年の閉店まで、常連客やラーメンファンの行列が絶えることはなかった。私も閉店の数日前、会社を休んで朝から並んだ。10時から14時まで4時間待って最後の一杯をいただいたのを覚えている。

一年後の2008年に今の場所で復活を遂げ、二代目の飯野敏彦氏が後を継いでいる。2015年4月に山岸さんが亡くなられた後も、弟子たちがその味と伝統を守り続けている。

大勝軒といえば麺の量が多いことで有名だ。

『中華そば』
並310g/中450g/大700g

『もりそば』
並340g/中500g/大770g

と、物凄い量だ。通常のラーメンで麺量は150g程度。ざっと2杯分の量という計算になる。大盛を頼んで後悔した人も多いことだろう。

▲中華そば(並)

生前の山岸さんに取材をさせていただいた時、麺の量について伺ってみたことがある。すると山岸さんは一言

「俺が足りないからだよ」

大食漢だった山岸さん。自分がお腹いっぱいにならない量を提供していてもお客さんは満足させられないと思われたらしい。

山岸さんの中ではラーメンは“大衆食”で、安くて美味しくてお腹がいっぱいになるというのが基本という考え。二代目の飯野さんも「量も味のうち。お腹いっぱい食べてもらうことでこちらも嬉しくなります」とおっしゃっていた。

確かに量は多いのだが、スルッとお腹に入ってしまうのが不思議。毎朝2階で打っている自家製麺は本当に美味しい。たくさん食べてほしいという愛の詰まった麺だ。

AbemaTV番組『メシテロ』の『井手隊長の歌うラーメン山手線』では、お店のレポートと『東池袋大勝軒の歌』も披露しているので、ぜひチェックしてみてほしい!
【番組アーカイブ】

東池袋大勝軒 本店
東京都豊島区南池袋2-42-8
03-3981-9360

スクリーンショットは『元祖つけ麺 東池袋大勝軒 オフィシャルサイト』より引用
http://www.tai-sho-ken.com/top.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき