ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Internet Explorer』が開発者の残業を増やしている!? 「大企業が使っている限りなくならない」と嘆き多数

ie_share_01

Microsoft Windows95以降、Webブラウザとして標準でインストールされてきた『Internet Explorer(IE)』。2016年1月をもって各OS上で動作する最新バージョンのみのサポートになり、公式ブログでは『Edge』への移行を検討するように求めています。

Internet Explorer の今後について(Japan IE Support Team Blog)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpieblog/2018/07/18/internet-explorer-support/ [リンク]

一方で統計ツール『Stat Counter』によると、2018年7月の日本国内のブラウザシェアは1位が『Google Chrome』(51.36%)ですが『IE』も2位(18.35%)。『Edge』は7.03%となっており、依然として無視できないユーザー数を抱えています。

こういった現状は、システム管理者や開発者にとっては頭痛の種。ある『Twitter』ユーザーは「『IE』を使用しなくなることでウェブデザイナーとウェブエンジニアの残業が減る」とツイート。

艦これがIEに対応していなくてほかのブラウザに切り替えた方、今後ともIEは使わないようにしてください。
あなたがIEの使用をやめることで、世界中のウェブデザイナーとウェブエンジニアの残業が減ります。
逆にあなたがIEを使い続けるようなら、彼らは永遠に残業から解放されません(私含めて)

ただ、大企業や金融系、公官庁では『IE』を標準としているケースが多く、『Chrome』などのダウンロード自体を禁じているため、他のブラウザーに乗り換えられないのも現実。また、『e-Tax』のよる国税申告など『IE』のみサポート対象のサービスが存在することが、移行が進まない理由として挙げられています。

開発現場からは「『IE』対応を強いられる」といった声が上がっていました。

私の務めてる会社が某有名通信企業の2次店なんですが、某有名通信企業がIEを使えとわけのわからないことを言ってきます…現場からは以上です。

ほかにも、「大企業が『IE』を使っている限りは対応せざるを得ない」といった嘆きが多数寄せられていました。『IE』が標準ブラウザだった『Windows8.1』のサポート終了予定が2023年。開発側の工数を抜本的に少なくするには、まだ相当時間がかかるのではないでしょうか。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。