体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味しさキープ!アスパラガスの冷凍保存術|解凍・レシピも

美味しさキープ!アスパラガスの冷凍保存術|解凍・レシピも

グリーンアスパラガスの上手な冷凍保存・解凍方法・保存期間をご紹介。料理研究家・武蔵裕子さんの冷凍保存したグリーンアスパラガスを使ったレシピも必見です! グリーンアスパラガスは冷凍保存しておけば、様々な料理に活用できますよ。【冷凍保存の基本シリーズ】
武蔵裕子

料理研究家。両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。

 

グリーンアスパラガスの正しい冷凍保存&解凍方法

グリーンアスパラガスの冷凍保存の方法をご紹介。
解凍方法、冷凍したグリーンアスパラガスの保存期間の目安もあわせて覚えておきましょう!

 

グリーンアスパラガスの冷凍方法

グリーンアスパラガスは茹でてから冷凍保存しておくと、すぐに調理に使えて便利。
霜が発生しないように、グリーンアスパラガスについた水気をしっかりふき取るのがコツです。

根元までツヤとはりのある鮮度のいいものを選んで冷凍保存してくださいね。

 

【用意するもの】

グリーンアスパラガス・・・3束(やや太めのもの12~15本。約300g)

湯・・・2カップ

塩・・・小さじ1/2

包丁

まな板

フライパン

保存袋

【グリーンアスパラガスの冷凍保存方法】

グリーンアスパラガスは根元1.5〜2㎝くらいのところを切り落とす。

フライパンで湯を沸かし、塩を入れ、グリーンアスパラガスを1分ゆでてすぐに冷水に取り、冷めたら取り出して水気をよくふき取る。その後3等分に切る。

グリーンアスパラガスを保存袋に入れて平らにし、空気を抜く。保存袋には、冷凍した日を必ず記入する。

【保存期間】約1ヵ月

通常のグリーンアスパラガスに比べて明らかに細すぎるものは、茹でないで冷凍しましょう。

 

冷凍グリーンアスパラガスの解凍方法

冷凍したグリーンアスパラガスは、そのまま調理ができます。
また、冷蔵庫での自然解凍、電子レンジでの解凍も可。
グリーンアスパラガスをサラダで使う場合は、冷蔵庫で自然解凍するのがいいでしょう。

 

冷凍グリーンアスパラガスのレシピ&活用法

冷凍保存したアスパラガスを美味しく食べるためのレシピをご紹介。
アスパラガスを大量に余らせてしまったときの活用術もぜひ真似してみて。

 

【冷凍グリーンアスパラガスのレシピ】
グリーンアスパラガスとハムの白あえ

火を使わず、電子レンジだけでできるクイックレシピ。
「もう一品ほしいな」というときにもおすすめです!

【材料】(2人分)

冷凍グリーンアスパラガス・・・1/4量分

ハム・・・2枚

木綿豆腐・・・1/2丁(150g)

 

<A>

マヨネーズ・・・大さじ1

白すりごま・・・大さじ1/2

砂糖・・・小さじ1

しょうゆ・・・小さじ1

【作り方】

木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、3枚ほどの皿をのせて、そのまま約15分置き、水切りする。

冷凍グリーンアスパラガスにラップをふんわりとかけてレンジで40秒加熱。ハムは食べやすい大きさに切る。

ボウルに1の木綿豆腐を小さくちぎり入れて、ゴムべらなどでよくつぶし、を順次加え、グリーンアスパラガスとハムを加えてあえる。

 

たくさん余った時に!冷凍グリーンアスパラガス活用法

「冷凍保存したものの、余ってしまい使い道がない・・・」という方は、次のようなグリーンアスパラガスの使い方を試してみて!

自然解凍後、グリーンアスパラガスに温泉卵をのせ、マヨネーズをかけてシンプルにいただく

グリーンアスパラガスをガーリックと赤唐辛子で炒めてペペロンチーノ風に

グリーンアスパラガスを豚の薄切り肉やベーコンなどで巻いて焼き、お弁当の一品に

 

グリーンアスパラガスの冷凍保存方法はいかがでしたか?
冷凍・解凍方法をしっかりマスターしておけば、いつでも美味しいグリーンアスパラガスが食べられるようになりますよ。ぜひ挑戦してくださいね。

 

撮影/武蔵英介

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。