ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サマータイムは暑さ対策になるのか(最終防衛ライン3)

サマータイムは暑さ対策になるのか

今回はlastlineさんのブログ『最終防衛ライン3』からご寄稿いただきました。

サマータイムは暑さ対策になるのか(最終防衛ライン3)

2020年に開催される東京オリンピックにおいて暑さ対策の一環として日本標準時を2時間前にずらすサマータイムの導入が検討されている。最初の報道は7月末であったが、8月6日から謎のスピード感で議論が進んでいる。

サマータイムのある国に住んでいたが、スマートフォンなどの時計が勝手に切り替わるため、スマートフォンを目覚まし時計代わりに使っておけば特に困ることはなかった。
時計が一斉に切り替わり、日のでている時間が長くなるだけで、生活時間が特に変化するわけではない。いつもの時間に起きて、ご飯を食べて、学校や仕事に行き、帰宅して寝るだけだ。ただし、サマータイムになってから、あるいは終わってからは、時差ボケにより体調が優れないこともあった。特に、サマータイムが終了する方が酷かったように思う。日照時間が急に短くなり、十分に日の光を浴びられないからだろう。

サマータイム期間中は日が長いため、夜の9時くらいまで外でお酒を飲んでいても、治安の面で安心というのはあった。逆に、冬は直ぐ暗くなるし寒いのもあって、家に引きこもることが多い。ボードゲームなどが発展するのも、そのような下地があるのかなと思った。
日本で、余暇のためにサマータイムを導入するメリットは、あんまりなと感じた。夏も冬も日が暮れようが外食でお酒を飲むことができる。そうでなければ、忘年会や新年会など行われないだろう。

・サマータイムの議論が活発化
・1990年代から検討されてきたサマータイム
・オリンピックへ向けたサマータイム
・オリンピックにおける輸送問題
・サマータイムのメリットとデメリット
・省エネは照明とエアコンのトレードオフ
・余暇も残業の時間も増減しない
・健康増進?
・サマータイム導入コスト
・サマータイムのメリットとデメリットはトレードオフ

サマータイムの議論が活発化

東京オリンピック「サマータイム導入検討を」 組織委、政府に*1
東京五輪へサマータイム論 暑さ対策に腐心 官房長官は慎重 :日本経済新聞*2
五輪でサマータイム?暑さ対策…総理が前向き姿勢*3

7月28日に、大会組織委員会が政府に要請したと各種機関が報道したものの、その後、官房長官が政府としては検討していないとコメントした。

【東京五輪】酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定(1/2ページ) – 産経ニュース*4
森氏、サマータイム再度要望 首相「内閣としても検討」:朝日新聞デジタル*5

8月6日に産経新聞が、内閣ではなく自民党が議員立法を目指していると報道するも、7月末と同様に官房長官が内閣では検討していないと述べた。
ところが、8月7日に、産経新聞以外の報道機関も、大会組織委員会が再度要請したとの報道を行う。NHKと朝日新聞は世論調査まで行っており、半数以上が導入に賛成であることが明らかになった。

東京五輪終わっても「サマータイム」恒久的運用へ 議員立法による成立を目指す : スポーツ報知*6

当初は、2019年と2020年の時限立法とされていたが、8日現在では恒久法として運用が検討されるに至っている。このまま譲歩したように見せかけて、2時間ずらしから1時間にするのではないかと目論んでいる。

*1:「東京オリンピック「サマータイム導入検討を」 組織委、政府に」2018年07月28日 『ハフポスト』
https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/27/tokyoolympic-summertime_a_23491277/

*2:「東京五輪へサマータイム論 暑さ対策に腐心 官房長官は慎重 」2018年07月30日 『日本経済新聞』
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33572460Q8A730C1PP8000/

*3:「五輪でサマータイム?暑さ対策…総理が前向き姿勢」2018年08月02日 『テレ朝news』
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000133196.html?r=rss2&n=20180802230012

*4:「酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定」2018年08月06日 『産経ニュース』
https://www.sankei.com/politics/news/180806/plt1808060002-n1.html

*5:「森氏、サマータイム再度要望 首相「内閣としても検討」」20118年08月07日 『朝日新聞デジタル』
https://www.asahi.com/articles/ASL873K0RL87ULFA00B.html

*6:「東京五輪終わっても「サマータイム」恒久的運用へ 議員立法による成立を目指す」2018年08月08日 『スポーツ報知』
https://www.hochi.co.jp/topics/20180808-OHT1T50025.html

1990年代から検討されてきたサマータイム

夏時間 – Wikipedia*7
サマータイムとは、夏の間だけ標準時をずらす制度。緯度の高い欧米などでは、太陽がでている時間を有効に活用するため4月から10月頃に時計を1時間進めている。
標準時そのものを変更するため、タイムシフトとは異なる。タイムシフトでは標準時は変化せず、個々人や業種によって就業時間をシフトする制度である。早めに仕事を始めれば、通常よりも仕事が早く終わり、その時間を使って用事を済ませたり、余暇を楽しむことができる。あるいは、遅めに出勤してラッシュ時を避けることなども可能となる。
一方で、サマータイムでは標準時がずれるため、タイムシフトのような効果は得られない。一斉にずれるため、就業時間そのものに変化は無い。起床時における太陽がでている時間帯を増やすのが目的である。日が沈むまでの時間が延びる効果がある。

日本ではGHQの占領下に、主に省エネ対策として1949年から実施されたが、占領が終了した後の1952年には打ち切られた。

一旦は廃止されたものの、1995年頃から再検討が行われ、議員立法への働きかけや、経団連による自民党への提案、温暖化対策として自民政権や民主政権下でも検討されていたが、法案提出までには至っていない。近年では、2011年の東日本大震災に伴い夏の電力不足が懸念され検討がなされたが、やはり導入には至らなかった。

政府による検討は、サマータイムパンフレット*8 にも詳しいが、1980年からサマータイムへの意識調査が行われ、常に過半数以上が賛成する結果にも関わらず導入されていない。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。