体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なりたい自分で、生きていく。」 グリーがVTuber新プラットフォーム『REALITY』発表

img_1930

8月7日、株式会社Wright Flyer Live EntertainmentのVTuber事業方針説明会が行われました。事業説明会ではVTuber事業に対するビジョンや、新サービスの発表などが行われました。

img_1873

はじめに、株式会社Wright Flyer Live Entertainment代表取締役社長の荒木英士氏が登壇。「暑かったり寒かったりするのは肉体があるせいだと思いまして、いかに早く肉体がない世界に行くかというのがテーマ」という語りからスタートしました。

この20年ぐらいでメールやSNSなど、オンラインの世界で生活したり活動したりすることが増えたと荒木氏。「いままで物理的な制約に縛られていたことが、同時に様々な場所に存在できるようになり、地理的に離れた人ともコミュニケーションを取ることが可能になっていった。これが加速していくと、もっと自分たちの生活が電子化、バーチャル化していくのではないか」と論を展開。

img_1875

「バーチャルYouTuberは、こうした人が肉体的な制約から解放された電子的な世界で生活していくためのひとつのスタート地点ではないか、と考えている。これを加速させていき、全人類が物理的な制約から解放され、なりたい自分で生きられる世界を実現したい」と続けました。

img_1880

これまでは、新規のVTuberを制作したりテレビ番組を放映したりしてきましたが、断片的な話しかお伝えしていなかったと荒木氏。そこで今回発表するのが「なりたい自分で、生きていく。」というビジョンです。

img_1878

新規VTuberのデビューを支援

img_1882

事業方針として「VTuberとして生きていける世界を作る」を掲げ、VTuberの“デビュー”、“活動・収益化”、“コミュニティ拡大”に携わる事業を展開していきます。デビューに関しては“個人の才能をプロデュース”、“オーディションでの公募”、“人気IPのVTuber化支援”を挙げています。既存のキャラクターであるすーぱーそに子のVTuber化をはじめ、人気イラストレーターの葉月ナツさんのVTuber化も共同プロデュースしています。また、イラスト投稿サイトのpixivとボイスアプリのLisPonと共同でのオーディションを実施。3人が今秋デビューを予定しています。

img_1896

また、VTuberに欠かせない技術面への取り組みも実施。VTuber専用のスタジオの設立、3Dキャラクターの感情表現を豊かにする技術、アニメのような高品質セルルック3D技術など、様々な施策に取り組んでいます。

img_1899

収益化可能なプラットフォーム『REALITY』発表

img_1901

VTuberとして生きてくために欠かせないのが収益化問題です。「現在、バーチャルYouTuberの数は4300人以上。その中でYouTubeのチャンネル登録者数100人以下なのが2200人、1ヶ月以上更新がないVTuberが2500人、収益化できているのが1日に20人ほど」という現状を語り、活動が困難な状況であることを説明。そこで、ファンの獲得と収益化が可能なプラットフォームとして『REALITY』の提供を発表しました。

img_1904

『REALITY』は、コメント機能や3Dギフトと呼ばれるギフティングが可能なVTuber専用のプラットフォームサービス。好きなものに話しかけたいという欲求や、3Dギフトを贈ることによってコミットしたい欲求を叶えることができるとのこと。

img_1914
1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。