ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネトフリ“抜け駆けウォッチ”で一触即発!? IT社長で超多忙な夫&年間で出張50回超えの妻に「突撃!隣のNetflix」[PR]

dsc_0640

『Netflix』ユーザーならきっとあるはず。人に勧めたいお気に入りの作品。生活に浸透したこだわりの使い方。共感して欲しい“あるある”話。

だからこそ知りたい、あんな人やこんな人の『Netflix』事情を聞く「突撃!隣のNetflix」。第3回は、ソーシャルメディア事業や教育事業、映像制作会社での経験を経た後、マーケティング/クリエイティブ事業の会社を企業し、CEOとして超多忙な生活を送る旦那さん。そして、製薬会社に勤務し、日本の全国各地へ年間で50回以上出張に赴く奥さんに話を聞きました。

忙しい生活の中で息抜きとして『Netflix』を利用している旦那さんが、奥さんに内緒で“抜け駆けウォッチ”してしまった作品とは!?

dsc_0460

――夫婦や家族で利用しているユーザーも多いと思うのでお話を聞くのが楽しみでした。『Netflix』はいつ頃から利用さていますか?

夫:映像制作の経験もあるので、『Netflix』はずっと注目していて、2015年に日本でサービスを開始した日から契約して利用しています。今では仕事から遅くに帰ってきて、寝る前に1時間だけでも『Netflix』を見るのが日課です。1時間じゃ済まずに、朝5時くらいまで起きてることあるんですけど(笑)。地上波のドラマと違って1週間待つ必要がないので、毎日刺激を受けて、元気をもらっています。

――ご自宅では凄く羨ましい環境で視聴されていると聞きました。

夫:自宅のリビングにプロジェクターがあって、100インチのスクリーンと5.1chサラウンドのスピーカーで鑑賞しています。

img_1912

夫:結婚する前はルームシェアをしていて、その頃から使っていたものなんですけど、それこそ『テラスハウス』シリーズを皆で視聴して楽しんでいました(笑)。『テラスハウス』は妻も好きなので、今は二人で見ています。

TERRACE HOUSE:OPENING NEW DOORS


今度の舞台は軽井沢。料理人、スノーボーダー、アイスホッケー選手など、夢を追う男女6人が、テラスハウスの新しい扉を開きます。彼らの恋の行方から目が離せない!

妻:『Netflix』のオリジナル版だけじゃなくて、昔のやつも全部配信されているんですよ。ひとつの回を見たら、また副音声で同じ回を見返すんです。

――かなりハマってますね(笑)。お二人とも視聴する作品の趣味は近いですか?

妻:いえ、私は血が出たりハラハラする感じの作品が苦手なんです……。だから、アカウントのプロフィールも分けています。私はもともと地上波のドラマを週に何本も録画して見るタイプなんですけど、『Netflix』でも日本のテレビドラマがたくさん配信されているので、過去の月9や恋愛系のドラマを懐かしんだり、見逃していた映画を見ることが多いです。家事や仕事をしながら見ることもあるので、基本的に日本語の作品が多いかもしれません。

夫:普段は空いた時間にそれぞれ好きな作品を楽しんで、毎週土曜は二人の時間が持てるので一緒に『テラスハウス』シリーズを見たり、『ストレンジャー・シングス』も最近見始めました。

ストレンジャー・シングス 未知の世界


姿を消した少年、人目を忍び行われる数々の実験、破壊的な超常現象、突然現れた少女。すべての不可解な謎をつなぐのは、小さな町に隠された恐ろしい秘密。

妻:最初は一緒に見始めたのに、彼が一人で勝手に先のエピソードに進んじゃって……。私も一人の時に必死に追いかけて、シーズン1をイッキ見しちゃいました。

夫:僕は今、シーズン2の途中です。

妻:えっ、見始めちゃったの!? 一緒に見るって言ってたのに!

夫:ごめんごめん、もう止まらなくて(笑)。

――話題の「抜け駆けウォッチ」ですね! 英語では「Netflix Cheating(ネットフリックス・チーティング)」って言葉もあるそうでよ。

妻:ひどいですよね(笑)。『ロスト・イン・スペース』とか他の作品も抜け駆けされました。

ロスト・イン・スペース


新天地を求め宇宙へ出発したが、未知の惑星に不時着してしまったロビンソン一家。そこから、あらゆる危険や困難が待ち受ける、生き残りをかけた戦いが始まった。

――出張の多い奥さんの方は、どんなタイミングで視聴されるんですか?

妻:北海道から沖縄まで、だいたい週2ペースで全国各地の病院を訪れる仕事をしているんですけど、一人で出歩くのが得意じゃないので、どこにいようがコンビニでご飯を買って、滞在中はずっとホテルにこもっています。スマホをテレビに接続するHDMIケーブルを持って行って、ホテルのテレビ画面で『Netflix』を見ています。

img_1261

――それは筋金入りですね。スマホやタブレットのダウンロード機能が便利なので、新幹線や飛行機など移動中の視聴もオススメですよ。

妻:それは知らなかったです!

――最近だと、あらかじめ設定しておけば、自動で見終わったエピソードは削除されて、新しいものがダウンロードされる機能(Wi-Fi環境下のみ)も導入されたみたいです。

妻:良いですね。今度やってみようと思います。

――旦那さんが一人で見るのはどんな作品ですか? 経営者の目線で作品を選ぶこともあるのでしょうか?

夫:例えば、『サバイバー』は経営者の目線でリーダーシップを学ぶことが多いですね。

サバイバー:宿命の大統領


アメリカの運命を突如背負うことになった、1人の男をめぐる政界サスペンスドラマ。ワシントン襲撃事件により、下位の閣僚である男の肩に重い責任がのしかかる。

夫:アメリカの連邦議会議事堂がテロリストにより爆破されて、唯一生き残った主人公が大統領職を継承することになるんですけど、政界のはみ出し者だった彼がゼロから議会を立ち上げる姿に自分を重ねて見ています。会社を経営していると、やはり様々な人と関わる場面が多いので、議員としての経験やスキルよりも彼の人間味によってチームがまとまっていく様子に共感できるんです。

――同じ議会ものですが部下がトップを追い落としちゃう『ハウス・オブ・カード 野望の階段』に学ばなくて良かったです(笑)。社員にも作品を薦めたりしますか?

夫:会社のメンバーもみんな『Netflix』を利用していて、タバコ休憩の時や飲み会の時にはいろんな作品の話題になりますね。オススメの作品を紹介しあったり、『Netflix』が仕事以外の共通の話題として活躍してくれます。「あ、それまだ見てない。ネタバレやめて!」とか(笑)。

――あるあるですね(笑)。オススメされて面白かった作品は?

:『トラベラーズ』が面白かったです。

トラベラーズ


一見普通だが、実は未来から21世紀にタイムスリップして来た”トラベラー”達。人類最後の生き残りである彼らの目的は、悲惨な運命から人類を救うことだった。

夫:未来から精神だけがテレポーテーションして来る設定で、姿は現代の人間なんですけど、頭の中は未来人なんですよ。彼らは未来に何が起こるかを知っていて、どういう行動をとるのか、凄くハラハラさせられる。僕は少し先の未来を思い描くのが好きなので、想像力がかき立てられるような作品です。同じSFつながりだと『オルタード・カーボン』も良かったですね。

オルタード・カーボン


250年の眠りから覚め、新たな体でよみがえった犯罪者。だが自由と引き換えに突き付けられた条件は、絶対的権力を持つ大富豪殺害の謎を追うことだった。

夫:たまたまFacebook広告で見かけて、気になったのでマイリストに追加しました。世界観が独特で、何度か意味が分からなくなりかけながらもなんとか完走しました(笑)。仕事柄、ユニークな広告に関心が高いので、スーパーボウル中継中のテレビCMで『クローバーフィールド・パラドックス』がサプライズ配信されることが分かったニュースを目にして、それもすぐにマイリストに追加しました。

クローバーフィールド・パラドックス


地球の資源不足を解決するため、宇宙ステーションで新たなエネルギーの開発を試みる科学者たち。しかしある事故により、恐ろしい別次元の世界を目の当たりにする。

夫:以前はオリジナル作品に偏見を持っていたというか、それほど期待していなかったんですけど、『100万円の女たち』を見た時に完成度がめちゃくちゃ高くて、それから積極的に見るようになったんです。

100万円の女たち


売れない小説家・慎の同居人は、素性の知れない5人の美女達。女達は彼に毎月100万円を払い、彼は女達の世話をする。謎に包まれた奇妙な共同生活へようこそ。

夫:脚本が練られてて、最後もスッキリ終わって「全部つながってたのか!」ってなるんですよ。それで他のオリジナル作品も見始めたらどれもクオリティが凄くて、今ではすっかりハマっています。

妻:面白そう。今度見てみよう(笑)。サービス上に表示される作品のサムネイルに『Netflix』のロゴが付いた作品がオリジナルだってのを最近知ったので、私も積極的にいろいろと見てみようと思います。

夫:個人的には、洋邦問わずビジネス系のドラマが増えてくれると嬉しいかもしれません。きっと仕事にも役立つんじゃないかな。期待しています。

――本日はありがとうございました!

【第1回】吹替え音声で“ながら見”ぶっ通し生活が最高! ネトフリ大好き芸人に「突撃!隣のNetflix」[PR]
https://getnews.jp/archives/2066189

【第2回】エンドクレジットを一時停止でじっくり観察!? ネトフリにハマるベテランアニメーターに「突撃!隣のNetflix」[PR]
https://getnews.jp/archives/2066411

Netflix公式サイト:
https://www.netflix.com

Netflix (ネットフリックス) について

Netflixは、190ヵ国以上で1億3000万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy