ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

荷物の即配が宇宙でも! ロシア、宇宙ステーションに4時間以下で

ロシアの国営宇宙開発企業Roscosmos(ロスコスモス)は7月9日、無人宇宙補給機プログレスMS-09を、国際宇宙ステーション(ISS)に向けてカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げた。

打ち上げからわずか3時間48分でISSにドッキングするという、これまでで最も速い“デリバリー”となった。

・軌道を2周

打ち上げられたのは現地時間7月9日午後10時51分で、日付が変わった10日午前2時39分にISSにドッキングした。この間わずか3時間48分。日付こそまたいでいるものの、地上の同日配達に匹敵する速さだ。

これは、緻密な計算のもと、軌道を2周しただけでISSをとらえたことで可能になったようだ。過去には地球を30周してようやくドッキング、ということもあっただけに2周というのはかなりの速さとなる。

・5年前は約6時間

ちなみに、これまでで最も速かった貨物輸送時間は2013年のソユーズ TMA-09Mロケットによる5時間39分。

当時、6時間を切ったということで話題になったが、それから5年後に4時間弱を達成し、技術の進歩の速さを実感させる。

今回の補給機では、食料や燃料、実験に使われる材料など約3トン分が届けられた。

ISSで使用される材料や食料は特殊なもので用意するのに時間がかかり、また打ち上げも周到に用意される必要があるが、それでもISSへネットスーパーのような即配ができるというのはやはり驚きに値することだろう。

Roscosmos

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy