【W杯】「賛否両論の決勝トーナメント進出…」 小柳ルミ子さんがブログで思いをつづる

access_time create folderエンタメ
rumiko_koyana

現地時間の6月28日、サッカーワールドカップの日本代表がポーランドと対戦。敗れたものの決勝トーナメント進出を決めた。
試合終盤、同時に行われているセネガル対コロンビアの途中経過を受け、負けているのに点を取りにいかず消極的なボール回しを行ったことに対し賛否両論となった。

29日夕方、芸能界有数のサッカーファンとして知られる小柳ルミ子さんが自身のブログを更新、

賛否両論の決勝トーナメント進出…
https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/entry-12387240621.html[リンク]

というエントリーをアップした。
その前に書かれたいくつかのエントリーで、
「他会場の結果は気にせず、勝つことだけを考えて」
「ゴールネットをゆらして」
といったような内容の意見を述べていたルミ子さんだったが、残念ながらその意に反する結果となってしまった。
現地で観戦していたというルミ子さん、

「1戦目〜2戦目とあんなに良い試合が出来たのに闘わずして逃げ切ろう…と言う策に出たのかと
しかも【ワールドカップ】と言う大舞台で遠方から来たサポーターが観たいのは…サッカーの魅力は…感動は…そうじゃないだろう?必死に闘う姿じゃないのかなぁ」

と、落胆を隠さない。しかし、

「でも、もう昨日で切り替えよう」

と、次戦ベルギー戦へ気持ちを切り替え

「日本代表サポーターの皆さん!! ベルギー戦にはブーイングではなくエールを送りましょう
頑張れ‼️日本代表!!」

と日本代表への応援を呼び掛けていた。

※画像は「小柳ルミ子オフィシャルブログ」より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧