ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

300超の雑誌や新聞が読み放題! 「Apple News +」まずは米・カナダで、日本での展開は現時点で未定

Appleは25日、米国カリフォルニアの本社で開催したスペシャルイベントで、300以上の雑誌や新聞が読み放題になる購読サービス「Apple News +」を発表した。

コンテンツは全て英語(カナダではフランス語のものも展開)のため、展開地域はまずは米国とカナダとなる。

・あらゆるジャンルをカバー

AppleはすでにニュースサービスApple Newsを提供しているが、ここに雑誌などが加わったのが今回の「+」だ。時勢を表すニュース誌TIME、そしてBAZARやVOGUEといったファッション誌、Travelerなどの旅行誌、そのほかにも芸能関係、食などあらゆるジャンルのものがそろっている。

雑誌に加え、ニュースの質に定評があるウォール・ストリート・ジャーナルやLA Timesなど新聞も扱う。

・雑誌カバーが動く!

注目すべきは、そうしたメディアのコンテンツをただ取り込んでいるだけでなく、「Live Cover」では表紙が動くようになっていたり、雑誌の内容を紹介するページもグラフィックスが多用されていたりと、デバイスを介してのサービスならではとなっていること。

もちろん、iPhone、iPadなど各デバイスに最適化されて表示され、話題のものを扱うTop Storiesやユーザーが好きそうなコンテンツが集められるFor Youなど扱いやすさにも配慮されている。

購読価格は9.99米ドル(約1100円)。イベントでは取り扱う雑誌などを全て購読すると年間8000ドルかかると案内し、お得感をアピールした。しかも、追加料金なしで家族全員でサービスを共有でき、1カ月の無料トライアルも用意されている。

米国とカナダでは同日から利用できるようになり、秋に英国とオーストラリアでも提供が始まる。

Apple

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。