ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

7つの学問から”愛”にアプローチ!待望の新刊「愛の論理学」

ベストセラー「理性の限界」シリーズなどで知られる國學院大學教授・高橋昌一郎氏の待望の新作が到着!7年の歳月をかけて生まれた「愛の論理学」840円(税抜)が、角川新書より6月9日(土)より発売中だ。

「愛の論理学」は、宗教学・文化人類学・芸術学・心理学・社会学・医学・哲学それぞれの分野から「愛」について迫った意欲作。「愛」の概念は、身近なゆえに誰でも知っているようで、実はとても奥深いもの。愛し合う男女の「愛」だけではなく、7つの学問分野から、隣人愛や動物愛、服従愛など、さまざまな「愛」にアプローチしている。

さらに今回は、角川新書初の試みとして、異色の対話スタイルで展開。とあるバーを舞台に、その店のマスター、新人アルバイト、大学名誉教授ら常連客の会話で構成された、新書では珍しいタイプの仕上がりに。バーに訪れる常連客たちの会話に聞き耳を立てるように、楽しんで読める一冊となっている。

高橋昌一郎氏の新作「愛の論理学」で、「愛」の形についてより深く考えてみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy