体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[薬味野菜の保存]ショウガやしそ、みょうがの長期保存のコツ

[薬味野菜の保存]ショウガやしそ、みょうがの長期保存のコツ

なかなか一度で使いきれない薬味野菜。そこで今回は、夏~秋が旬のショウガやしそ(大葉)、みょうがを長持ちさせる冷蔵・冷凍保存のコツを紹介します。

ショウガの冷蔵&冷凍保存

丸ごとや使いかけ、薄切りは冷蔵保存できます。またすりおろしやみじん切り、せん切りにすれば冷凍保存することができます。

新鮮なショウガの選び方、切り方のコツはコチラ

冷蔵保存する場合

ショウガ:水の入った保存容器に入れて冷蔵

●保存期間の目安:約1カ月   

丸ごとや使いかけ、薄切りのショウガを保存容器に入れ、かぶるくらいの水を注ぐ。

冷蔵室に保存。水は3~4日おきに取り替える。

冷凍保存する場合

ショウガ:ラップで包み、冷蔵用保存袋に入れて冷凍

●保存期間の目安:約1カ月   

みじん切りやせん切りにしたショウガを少量ずつ小分けにして、ラップで包む。すりおろしたものは棒状にして包んでおくと、折って使うことができるので便利。

ラップで包んだショウガを、冷凍用保存袋に入れて冷凍する。

凍ったまま調理する。   

しそ(大葉)の冷蔵&冷凍保存

しそを保存する際のポイントは、乾燥させないことです。葉を丸ごと保存する場合は、冷蔵庫の野菜室へ。みじん切りにすれば冷凍庫で、長期保存が可能です。

新鮮なしその選び方、切り方のコツはコチラ

冷蔵保存する場合

しそ:水の入った瓶に入れて冷蔵保存

●保存期間の目安:約2~3週間   

煮沸消毒した空き瓶などに少量の水を入れ、しそを差す。

ふたかラップをして冷蔵庫の野菜室で保存。3日に一度くらいを目安に、水を取り替える。

水は葉の軸の部分だけがつかるように。葉に水がつくと傷みやすくなる。

冷凍保存する場合

しそ:粗く切ったものを冷凍用保存袋に入れて冷凍

●保存期間の目安:約1~3カ月   

しそをざく切りか粗いみじん切りにする。

切ったしそを冷凍用保存袋に入れて冷凍する。

凍ったまま調理する。   

みょうがの冷蔵&冷凍保存

みょうがは、香りが飛びやすいため食べる直前に切るのがおすすめ。使いかけも冷蔵でき、みじん切りや薄切りなどにすれば冷凍保存もできます。

新鮮なみょうがの選び方、トリビアはコチラ

冷蔵保存する場合

みょうが:水の入った保存容器に入れて冷蔵

●保存期間の目安:約2週間   

保存容器にみょうがを入れ、かぶるくらいの水を注ぐ。

冷蔵室か野菜室に保存。3日に一度くらいを目安に水を交換する。

切って残ったみょうがを容器に戻してもOK(3日以内を目安に使い切る)。

冷凍保存する場合

みょうが:冷凍用保存袋に入れ、平らにして冷凍

●保存期間の目安:約1カ月   

みょうがをみじん切りや薄切り、輪切りなど用途別に切る。

切ったみょうがを冷凍用保存袋に入れ、平らにならして冷凍する。

凍ったまま調理する。   

[ショウガ]冷え対策の栄養素から、レシピ別の切り方まで紹介

[ショウガ]冷え対策の栄養素から、レシピ別の切り方まで紹介

さわやかな辛みと香りが料理をキリッとひきしめてくれるショウガ。漢方薬として、また冷え性などの民間療法としても、その効果は世界中で認められています。
生のショウガにはたんぱく質を分解する酵素が含まれていて、肉をやわらかくする効果があります。チューブ入りのショウガは加熱処理をされているため、酵素があまり働かず、肉をやわらかくする効果は期待できません。

最終更新:2018.07.25

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:『ひと目でわかる!食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。