体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

池澤あやか、Facebookの日本オフィスに突撃!――コーディング面接にチャレンジしてきました

池澤あやか、Facebookの日本オフィスに突撃!――コーディング面接にチャレンジしてきました

池澤あやか、ついにフェイスブッジャパンのオフィスに初潜入!エンジニアが働く環境やカルチャー、エンジニア向けの入社後研修やプロダクト開発など、いろいろお話を伺ってきました。さらに、Facebookのコーディング面接も体験させてもらうことに…果たしてその結果は!?


Facebookのオフィスは超インスタ映えする!

皆さん、こんにちは!池澤あやかです。

「Facebook」は世界の月間アクティブユーザーが21億人を突破したことでも話題ですね。そんなFacebookのオフィスは、東京都港区の超高層ビル内にあるんです。

さっそく突撃してみましょう!

今回オフィスを案内してくれたのは、Facebookのソリューションズエンジニアリングマネージャー 安藤祐介さんです。

「わ~!眺望抜群でとても開放的なオフィス!

そして壁のいたるところに、アート作品が飾られていておしゃれですね」

「その国にゆかりのあるアーティストに描いてもらっています。

ここ東京オフィスでは、日本の四季を表現したアートや、金剛力士像をモチーフとしたアートなどで“日本文化”を演出しています。

ただし、アート作品で独自性を出しつつも、基本的にはどの国のオフィスも同じ造りにしています。

執務スペースはもちろん、軽食スペースやミーティングスペースの造りも同じだし、会議室予約システムや備品請求システムなどといった社内システムも同じです」

「なるほど!他国のオフィスから出張で来たメンバーでも、普段と同じようにすぐ仕事に取り組めるよう工夫されているんですね!」

アート作品が飾られている廊下 軽食スペースでは、お菓子や飲み物、カップ麺、シリアルなどが食べ放題! キーボードやイヤホンなどPC周辺機器が買える自販機も。社員証をかざせば経費で購入できます Facebookの日本オフィス内最大のインスタ映えスポットで記念撮影 Facebook Wallには来訪者のサインがギッシリ 私もサインさせていただきました! ゆったり寛げるスペースが随所に。眺望も抜群でリフレッシュできそう♪

Facebookグッズが入ってるガチャもありました!

エンジニアの働く環境を深掘りインタビュー!

1 2 3 4 5 6 7次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。