体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関東最後の秘境、奥鬼怒温泉が最高すぎた

関東最後の秘境、奥鬼怒温泉が最高すぎた

数分間隔で運行される電車が目の前で行ってしまった時、悔しいと感じた。
同時に、自分は生き急いでいるのではないかと思った。

会社員として働いていたころ、常に余裕がなく、焦っていたように思える。フリーライターになって落ち着くかと思えば、もっと余裕がなくなった。

そんな時はきっと、思いっきりゆっくりする必要がある。急ぐ必要のない場所で、心ゆくまで落ち着きたい。

そんな思いをもって、栃木県奥鬼怒の「加仁湯」という温泉宿を目指した。

SL大樹に乗って鬼怒川温泉へ

JR新宿駅から特急電車で約2時間、栃木県の下今市駅に到着した。僕は人生で初めて、ある乗り物に乗る。

SL大樹とライター

それがこちら、SL大樹(たいじゅ)だ。2017年に東武鉄道が約半世紀ぶりに復活運転を行ったSLで、東武鬼怒川線下今市駅から鬼怒川温泉駅までの12.4㎞を走る。大変かっこよく、蒸気と汽笛も相まって迫力が凄まじい。

SL大樹 蒸気機関

蒸気を帯びている。蒸気に興奮したのは生まれて初めてだ。

SL大樹

乗り込むと、少しレトロな車内が待っている。SL観光アテンダントと呼ばれるお姉さんも同乗し、明るく車内案内などをしてくれる。

SL大樹は多くの人に見送られ、ゆっくりと走りだしていった。乗り心地はとても安定していて、電車だと「揺られて」なんて表現が使われるが、SLは「引っ張られて」というイメージで進む。まるで力の強い巨人が引っ張ってくれているかのようだった。

SL大樹から見える景色

なんとなく、SLはシュッポシュッポと電車より速く進むイメージがあった。

SL大樹はこちらの想像よりも、はるかにゆっくりと進む。強めにこいでいる時の自転車くらいの速度で進む。「途中から速くなるんだろうな」と思っていたが、ずっと変わらないスピード。

イメージとのギャップに困惑していると、アテンダントさんのアナウンスが車内に響いた。

「皆さま、右手をご覧ください!」

「ああ、なるほど! 車窓からすごい景色を見られたりするのかな」
そう思い右の窓を見ると、畑作業をしているおじいさんが手を振っていた。

「おじいさんが手を振っているな」と思いながら見ていたら、アナウンスが続いた。

「おじいさんが、手を振ってくれています!」

見えたままだった。

気づけば、たくさんの人がSL大樹に手を振っていた。見事な絵を持って立っている人もいた。SL大樹がこの地域に愛されているのがわかるし、温かい気持ちになる。ゆっくり進むから、人の顔がハッキリと見えて、みんなが笑顔だった。

一瞬だけ見える景色とか珍しい建物とかではなくて、人と自然をちゃんと見ることができる。SL大樹は、ゆっくり進むことに意味がある乗り物なのだろう。

恥ずかしながら少し手を振り返すと、心が穏やかになっていくようだった。

車内ではカメラマンさんがそれぞれの席を回り、写真を撮ってくれていた。撮影は無料で、気に入ったらオリジナルフォトフレームに入れたものを1,100円で購入できる。

せっかくなので、お願いしてみた。「ハイ、チーズ」でパシャリではなく、「はーいたーいじゅ(大樹)」と言われ、シャッターが切られた。

景色や人に癒やされ、最後に特有のユーモアを浴びた僕の写真は、ちょうどいい笑顔になっていた。

SL大樹 記念写真

35分ほど引っ張られ、SLは鬼怒川温泉駅に到着した。

鬼怒川温泉駅 SL転車台

駅前広場では、SLの向きを変える転車台を間近で見ることができる。

SL大樹とはここでお別れ。ほっこりするような不思議な乗り物だった。また会いたいなと願いつつ、奥鬼怒方面に向かうバスに乗り込んだ。

険しい山道で森林浴

鬼怒川温泉駅から日光市営バスに2時間弱揺られ、終点の女夫渕(めおとぶち)へ着いた。
ここは関東最後の秘境と呼ばれる、奥鬼怒というエリアになる。

奥鬼怒 通行止めの看板

目的地である加仁湯まで、1時間以上も山を登るらしい。
運動などほとんどやってこなかったので、体力に自信がない、そんな僕のような方は、鬼怒川温泉駅から加仁湯の送迎バスも利用できる。ただし、今回はあえて山歩きを選んだ。

奥鬼怒 山の入り口
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。