ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【及川卓也×Datachain】ブロックチェーンでデータ流通に革新を―Fintech以外の応用分野とは

【及川卓也×Datachain】ブロックチェーンでデータ流通に革新を―Fintech以外の応用分野とは

ブロックチェーン技術の拡大や応用が進む中、2018年3月、ブロックチェーン技術を基盤としたデータプラットフォーム事業の運営を目的として、株式会社Datachainが設立された。CEO久田哲史氏とCTO木村淳氏、アドバイザリーボードメンバーでもある及川卓也氏が、テクノロジーの可能性とそのビジネスモデルを語り合った。


データ格差を打破し、企業間のデータ共有で世界のビジネスを変える

2018年2月20日、ブロックチェーンテクノロジーを基盤としたデータプラットフォーム「Datachain(データチェーン)」の構想が発表された。

「Datachain」は、ブロックチェーンテクノロジーとトークンエコノミーを基盤とした、今まで世の中に出てこなかったデータを取引し活用することができるデータプラットフォームだ。

「Datachain」が掲げるミッション、ビジョン、そして解決したい課題とは何か、Datachain代表取締役CEO 久田哲史氏、Datachain取締役CTO 木村淳氏、アドバイザリーボードメンバー及川卓也氏に語ってもらった。

■鼎談メンバー

久田哲史氏

株式会社Datachain代表取締役CEO。株式会社Speee取締役ファウンダー。2007年、Speeeを創業し、代表取締役に就任。2011年、新規事業創出に専念するため代表を交代。2018年、Datachainを設立し、CEOに就任。

木村淳氏

株式会社Datachain取締役CTO。株式会社Speee執行役員。国内初のアドフラウド対策技術を開発するMomentum株式会社の創業メンバーおよびCTO。2017年、同社をKDDIグループ会社に売却後、Speeeにジョイン。2018年にDatachainを立ち上げ、現任。

及川卓也氏

MicrosoftでWindowsの開発後、Googleにおいて検索製品のプロダクトマネージメントとChromeの開発に携わる。その後、スタートアップを経て、独立。2月からDatachainのアドバイザリーボードに就任。

「Datachain」が掲げるミッション・ビジョンと課題

及川:仮想通貨以外のブロックチェーン技術の応用は、技術的にもビジネス的にもとても面白い分野だと思います。

私自身がデータ活用には以前から興味があり、自治体などのオープンデータ普及のお手伝いなどもしていますが、それがなかなか普及しない理由は、データを提供する側のインセンティブ設定ができないことにあると思っていました。

その難題を「Datachain」はクリアしているように見えます。そもそも、Datachainを始めるにあたっての、ビジョンやミッションはどういうものだったんですか。

久田:ビッグデータ、AIという潮流がある中で世界にはデータが溢れているイメージがありますが、本当に重要なデータはまだまだ共有されずに、死蔵されているのではという問題意識が私たちにはありました。

Datachainでは、特定企業が保有する、これまで第三者に共有が難しかった重要データを、ブロックチェーンで安全を担保しながら、企業を超えて流通させることができます。

クローズドデータがブロックチェーンによって安全に共有され、あらゆる産業に役立てられる社会を実現する——というのが私たちのビジョンです。

株式会社Datachain代表取締役CEO 久田哲史氏

及川:そうしたデータマネジメント・プラットフォーム(DMP)ができると、世界はどう変わるんでしょうか。

久田:最初はデジタルマーケティング領域におけるデータ流通から取り組みますが、私たちの狙いはそれだけに止まりません。

例えば、医療分野で言えば、病院間で電子カルテや画像診断の情報を安全に共有することで、疾病や製薬の研究が進むはずです。

教育であれば、日本中の生徒の課題の進捗やテスト結果を共有して解析すれば、一人ひとりに合わせたダイナミックなカリキュラムが整備されるようになるかもしれません。

今はまだ、医療や教育のデータを共有して解析することに対して、ハードルがあります。でもそういったデータの活用にこそ価値があり、解くべき課題であると思います。

あらゆる産業にブロックチェーンを基盤としたデータプラットフォームが広がっていったら、と考えています。技術的にこういうことができるのだ、ということだけでは社会は変わらないので、まずはマーケティングで実証し、文化を作る、という話をしています。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。